Connect with us

Video(Youtube)

【ゆっくり解説】出会ったら即死…恐ろしすぎる熊被害について

Published

on

Continue Reading
Advertisement
41 Comments

41 Comments

  1. 僕は死にましぇん

    2021年7月16日 at 7:34 PM

    三毛別事件で熊ってヤバいんだな…ということを思い知り、その後ゴールデンカムイを読んだら無事恐怖心を植え付けられました。くまこわい。

  2. 機械犬Machine Dog

    2021年7月16日 at 7:34 PM

    「弱肉になるのはこちら側な気がしますけど」
    不覚にもこの言い回しで大笑いしてしまいました

  3. 坂井裕史

    2021年7月16日 at 7:34 PM

    熊は森の掃除屋と言われるほど屍肉を好みます。また、背中を見た瞬間に襲い掛かります。マネキンでも反応するほど条件反射的行動らしいです。ゆっくり背中を見せず後ずさりするのが一番ですが、実際に熊に遭遇してそんなこと出来るのか…。自分は自信ありません。

    • とらとらひめ

      2021年7月16日 at 7:34 PM

      インドで虎に襲われないようお面を頭の後ろにつけると良いとか聞くけど、アフリカでも牛のお尻に目を描いたら肉食動物からの被害が無くなったというから効果ありか

  4. u -

    2021年7月16日 at 7:34 PM

    遭遇してしまった時は目を合わせたままゆっくり逃げるのに加えて、身につけているバッグなどを地面に置くとそっちに注意が逸れる事があるので効果的です。
    今年は熊被害多いのでくれぐれも注意してください。

  5. ゆきチャンネル

    2021年7月16日 at 7:34 PM

    奥飛騨にクマ牧場があります。ここはツキノワグマメインですが、人間に慣れてしまって餌をねだるのでかなり可愛いです!!・・・が、ヒグマもいるのですが、コイツは人間に媚びず、顔と体格を見るだけでヤバいとわかります(;・∀・)

  6. rei. sawamura

    2021年7月16日 at 7:34 PM

    動物たちが静かに暮らしている場所に人間がどんどん入って行ってる場所もある。
    必ずしも現れた熊が悪いのかどうか・・・?

  7. 名無しっすか

    2021年7月16日 at 7:34 PM

    12:45〜
    『「うつぶせ首ガード」だ!これは死んだふりのポーズをすること!』
    熊は死肉も食べるから死んだふりは効果がないはず。熊から目を離さずゆっくり後退するのがベストと聞きました。

    • 親方

      2021年7月16日 at 7:34 PM

      @ゲイラ様 アタマ食われた時よりは動けるはず。
      そっちの方がひとおもいに楽だけど。

    • ゲイラ様

      2021年7月16日 at 7:34 PM

      @親方
      足食われたら逃げられんだろ

    • 親方

      2021年7月16日 at 7:34 PM

      手足だけ食わせて、熊が満腹になってから逃げる方法だよ。
      めちゃくちゃ痛いけど、命だけは助かる「かもしれない」方法。

  8. fractas fractas

    2021年7月16日 at 7:34 PM

    オルガ「(私が熊に喰われても)止まるんじゃねぇぞ・・・」

  9. 鈴木爆発

    2021年7月16日 at 7:34 PM

    キックでヒグマ撃退したJC、見てた母親が一番怖かった説。

  10. Lune

    2021年7月16日 at 7:34 PM

    6:59
    この事件を調べると、Wikipediaの三毛別羆事件というのが出てくるのですが、これはWikipedia三大文学の1つで文字数が多く、読むのに30分はかかるのですが、時間を忘れてしまうくらい読み応えがあります。1度は読んでみてください

  11. Nekokan54

    2021年7月16日 at 7:34 PM

    クマ擁護している人も身内がクマに襲われて喰われたら真逆の主張するんだろうなって思った。

    • 1105 RAMUNE

      2021年7月16日 at 7:34 PM

      そう言う目に遭ってないから熊殺すなとか死刑はやめろとか言えるんだろうからな、実際味わったらどんな人でも180度変わると思う

    • seno

      2021年7月16日 at 7:34 PM

      死刑反対の弁護士さんが妻と子供を〇されてその後死刑容認派になったことがあるってこともありますからねぇ、、、

  12. 人間の葛餅

    2021年7月16日 at 7:34 PM

    熊ってもし銃持ってても怖いと思う…
    5.56mmぐらいじゃ死ななさそうだし

    • 不明のあーきてくたー

      2021年7月16日 at 7:34 PM

      山に入る人は全員バズーカを携帯しますか!

  13. JUN HAMA

    2021年7月16日 at 7:34 PM

    …大慶園、懐かしい…(*´ω`*)

  14. シャロろん

    2021年7月16日 at 7:34 PM

    オルガさんの生命力すごいな…

    • 二階堂沙耶

      2021年7月16日 at 7:34 PM

      @田中ひろし さん
      その状況ではどうしようもありませんよね…

    • 田中ひろし

      2021年7月16日 at 7:34 PM

      @二階堂沙耶 拳銃は持ってたけど不意打ちで即死させられたから使えなかったんだと思う、確か釣りしてたら後ろから熊が来て振り返ったらやられたみたいな感じだった

    • 二階堂沙耶

      2021年7月16日 at 7:34 PM

      @田中ひろし さん
      銃を持っていても駄目だったんですか…

    • 田中ひろし

      2021年7月16日 at 7:34 PM

      @二階堂沙耶 確か父親は銃を持ってたような気がする

  15. H N

    2021年7月16日 at 7:34 PM

    こういう話聞いても…クマが動物で一番好きな私。

  16. 六華 指示厨Lvカンスト

    2021年7月16日 at 7:34 PM

    熊さん「ご飯食べてたら家族撃たれた……」

  17. あー

    2021年7月16日 at 7:34 PM

    うちの嫁は救急の看護師だが昔、鉄道自殺で下半身が切断されて腸がビロビロにはみ出てるのに息がある女子高生が運ばれてきて卒倒しそうになったそうだ。
    結果的に助からなかったそうだが、人間って重症でもかなりの間生きている事もあるんだね

  18. A a

    2021年7月16日 at 7:34 PM

    熊怖くて疑心暗鬼になり、ここ数年釣りに行けてない

  19. Ken Rjk

    2021年7月16日 at 7:34 PM

    だいけいえん!
    懐かしい
    まだあるんだ〜

  20. ライ紫苑

    2021年7月16日 at 7:34 PM

    熊が出そうな場所に行くときには、熊撃退スプレーとガソリン式チェーンソーを持って行こう!それか長い柄の草刈り機が良いかも!近づけないように熊を牽制するか、1発削ってやれ!

  21. 葵双葉

    2021年7月16日 at 7:34 PM

    死んだフリは効果的ではないです。
    なぜなら熊は死肉も食べるらしいからです

  22. 狐面

    2021年7月16日 at 7:34 PM

    たまに熊に遭遇し退治したなんてニュース聞くけど、本当に運が良かったんだなとこれ見た後に感じるわ。

  23. ゴールデンバット

    2021年7月16日 at 7:34 PM

    福岡って言うか九州って飼育下以外で熊いないからな。
    ワンゲル部が軽薄になるのは無理もない。

  24. 77 7

    2021年7月16日 at 7:34 PM

    《札幌のクマ駆除》なぜクマが大量出没するようになったのか? 「エサ不足」では
    伊藤 秀倫2021/06/18
     2021年6月18日、札幌市の住宅街にヒグマが出没して、住民ら4人が襲われて負傷した。ヒグマは地元猟友会によって駆除されたが、なぜ人間と接するエリアにクマの出没が相次ぐのか。「2021年の論点」掲載の記事を再配信する。

    ◆ ◆ ◆

     それは、前代未聞の事件だった。

     2020年8月8日深夜、長野県上高地にある小梨平キャンプ場には約250のテントが張られていた。

     キャンプ場全体が寝静まった頃、東京から友人とハイキングに訪れ、1人用テントで就寝していた50代の女性は、突然テントが強い力で引っ張られるのを感じて、目を覚ました。思わず「助けてください!」と叫ぶと、移動は止まったが、次の瞬間、テントは一瞬で引き裂かれ、黒いものが襲い掛かってきた。

    テントは15mも引きずられていた
     “犯人”は体重150kg(推定)のツキノワグマだった。

     女性はクマの攻撃が緩んだ隙にトイレに逃げ込み、周囲の人の助けで病院に搬送され、九死に一生を得た(クマの爪により右足に10針縫う軽傷)。クマは襲撃後、立ち去ったと見られるが、テントは元の場所から15mほど引きずられ、中の食料はすべて食べつくされていたという。

     関係者によると「上高地での人身事故は、初めてでは」とのことだが、近年、全国でクマによる人身事故は増加の傾向にある。

     環境省によると、全国のクマ類(ヒグマ含む)による人身被害は、2018年度は51件、昨年度が140件、今年度は9月までの速報値で既に80件に上り、10月には秋田県の住宅街で、80代の女性がクマに襲われる事件も起きた(後に女性は死亡)。この事件について報じた記事には、県の担当職員の次のような談話が載っている。

    「解釈に苦しむ。(クマの食料となる)クリが多い高台から住宅街に下りて来る動機があるのか」

     いったい今、クマと人間との間に何が起きているのだろうか。

    「食料不足」がクマ出没の原因ではない
     クマの大量出没が起きたとき、その理由としてよく指摘されるのは、「食料となるドングリの生るブナ類などが山で不作なのでは」というものだが、40年以上クマの生態を研究している日本ツキノワグマ研究所の米田一彦氏は、“ドングリ不作説”には懐疑的だ。

    「ブナ類の不作は大量出没の一因ではありますが、すべてではない。08年にも、ブナの大凶作によるクマの大量出没を森林総研が予測しましたが、結果は平穏でした。(大量出没は)ドングリの不作要因よりも、人間社会の社会構造の変化による影響が大きくなりつつある」

     米田氏が指摘する「社会構造の変化」とは、いわゆる“里山”の荒廃である。

    「かつては集落に近い里山は、炭焼きや草刈り場として人間の手が頻繁に入っていました。だからクマたちは、その奥にある奥山にしかいませんでした。ところが平成になって里山を管理する人が減り、里山が奥山のように繁茂すると、そこに若いクマやメスのクマ、親子グマ、が居つき始めたのです」(同前)

     なぜ若いクマやメスのクマは奥山を出たのか。

    「実はクマにとって最大の敵は、クマです。奥山には大きくて強いオスのクマがいますから、それを避けるために、彼らは里山へと逃げてきたのです」(同前)

     こうして若いクマやメスのクマが人間社会に守られるような形で里山に住み着き、人間の生活圏と接触するようになった結果、両者の接近遭遇の機会が増えたのである。

     また里山への侵入は、クマたちの気質にも変化をもたらしたという。

    「里山にはシカやイノシシ、サルなども侵入していますが、クマがこれらを捕食し、肉食の傾向が強まっている。これまでは、たまたま見つけたシカの死体などを食べているとされていましたが、近年、クマがシカを襲撃している様子なども撮影されています」(同前)

     人間との接触の機会が増えることで、とくに若いクマは人間を恐れなくなるという。

    「里山では若いクマたちが密に棲息して、互いにエサをめぐり、常に葛藤している状態です。だから人間と接触しても、これをライバルのクマと見立てて攻撃、排除に及ぶ可能性が高い。その意味では、“凶暴化”していると言えるかもしれません」(同前)

    クマより先にハンターが「絶滅」
     原因が構造的なものである以上、今後もクマと人間の接触は増加していくことが考えられるが、何か対策はあるのだろうか。

    「今から里山を管理するのは、現実問題として難しいでしょう。可能性があるとすれば、里山と集落の間に電気柵などを設置することで、里山と人間社会を切り離す“ゾーニング”しかないと思います。ただ、これも多額の費用がかかり、簡単ではない」(同前)

     また、人里に出没したクマを駆除するにしても、そのハンターが不足しているという。南知床・ヒグマ情報センターでヒグマの捕獲や各種調査に携わっている藤本靖理事長はこう語る。

    「現役ハンターの高齢化に加えて、猟銃所持の規制強化も影響し、新たにハンターを増やすことも簡単ではありません。このままでは、クマより先にハンターが絶滅しかねない」

     ところが、そういう状態であるにもかかわらず、国や自治体のクマ対策への動きは遅々として進んでいないという。

    「ヒグマ対策はヒグマが出没した自治体が単独で行っており、横の連携はほとんどありません。だから現状では“道東のハンターが札幌の有害クマを駆除する”ことさえできません。一方でクマは、そんな人間側の事情にお構いなく、複数の行政区にまたがって活動している。今後は研究機関や各自治体、地元組織が一体となって情報を共有し、連携していかなければ、すべてが手遅れになりかねません」(同前)

     クマと人間に残された時間は決して多くはない。

  25. ぬんたのさんきぬ

    2021年7月16日 at 7:34 PM

    熊も恐いけど、火山が密集しているカムチャッカ半島も恐いな。
    おちおち熟睡もできないな。

  26. 七凪

    2021年7月16日 at 7:34 PM

    ライオンとかは殺してから食べるけど熊は食べながら殺すって聞いた事あります(-人-)

    • 二階堂沙耶

      2021年7月16日 at 7:34 PM

      惨たらし過ぎて、聞いているだけで全身から血の気が引く程です…(゚д゚llll)

    • ポケモンハンターDP01Z

      2021年7月16日 at 7:34 PM

      食いながら仕留めるって怖い

  27. ニトロ

    2021年7月16日 at 7:34 PM

    今北海道、色んなとこで熊発生してる。めちゃ怖い。仕事柄山に行くこともあるからもっと怖い

  28. u -

    2021年7月16日 at 7:34 PM

    熊鈴はあくまで熊と遭遇しないようにする為のものです。
    熊と対峙してしまった時には効果はないので、しっかり撃退スプレーを所持しましょう。
    1本1万円くらいするけど1万円で命が買えるならやすいもの。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Advertisement

RSS


Advertisement