Connect with us

Video(Youtube)

【ゆっくり解説】有害図書に指定…昭和のヤバすぎる”閲覧注意漫画”をゆっくり解説!

Published

on

Continue Reading
Advertisement
35 Comments

35 Comments

  1. 鬼頭剛

    2021年6月23日 at 1:34 AM

    楳図先生はホラー漫画の他に、アンデス少年ペペロの冒険というアニメのopとedの歌詞を手掛けてたのにもびっくりしたな。情に訴えかける良い曲で本当に多才な方だなと感じましたね

  2. 満腹太

    2021年6月23日 at 1:34 AM

    漂流教室は最終巻の巻末に掲載されていた読み切りの「ねがい」が子供の頃はまさにトラウマ級の怖さだったんですが、大人になってから読むとかなり切ない話でしたね
    あんなに怖かったモクメの顔が悲しそうに見えてしまって

    • てつ

      2021年6月23日 at 1:34 AM

      「ねがい」も強烈に印象的です。人形?を作るときに釘と板で歯を持つ口から作るのがまず異常な感じでした。全体的に雨か曇りみたいな感じだし、タイトルとは程遠い、圧迫感というか読んでいて耳鳴りのする感じでした。
      人形の呪いの様な話なのに「ねがい」とタイトルにしたのは主題が別にあったのかも、と今更思いますが。

  3. 田中太郎

    2021年6月23日 at 1:34 AM

    神の左手悪魔の右手は「黒い絵本」編が強烈でした
    女性の惨殺シーンが執拗に描かれており
    今読んでもギョッとすると思います

  4. こじまてつお

    2021年6月23日 at 1:34 AM

    漂流教室は「蝿の王」を思い出しながら読んだなぁ。
    楳図先生なら「半魚人」が怖かった。変な性癖に目覚めるって意味で、だけど(笑)。

  5. sumirnoff x

    2021年6月23日 at 1:34 AM

    地獄小僧は怖すぎて一人で夜道歩けなかった…

  6. 6 34

    2021年6月23日 at 1:34 AM

    楳図さんって変な人だけど漫画は本当にパワーがあると言うか読み応えのある作品が多くて好きです。

  7. フェアリーファッション

    2021年6月23日 at 1:34 AM

    コブラが不定期ながらまだ連載しているのが驚きだよ

  8. ナップさん

    2021年6月23日 at 1:34 AM

    「漂流教室」ってそんな古かったんやー。自分らは中学の頃(30数年前)に読んでたな。給食のおっさんがやばかった記憶が。

    • しゅんよしだ

      2021年6月23日 at 1:34 AM

      映画館で実写版を観たことがあります

    • メンチャージ

      2021年6月23日 at 1:34 AM

      関谷www史上最悪オヤジ

  9. heidi

    2021年6月23日 at 1:34 AM

    グワシの練習やったわwww
    漂流教室は旦那が綺麗な保存状態で持ってたので勧められて読んだ。
    面白かったよ。ドラマ化されたけど、何か設定とかストーリーが違うくて萎えた。

  10. ネロたん

    2021年6月23日 at 1:34 AM

    平成になってからの漫画ですが、自分が中学生の時にビックコミックスピリッツで楳図先生の14歳が連載中で自分の年齢と主人公達の年齢がリンクしていて怖かった思い出が在ります。

  11. うえぴーuep〜

    2021年6月23日 at 1:34 AM

    思春期時代に楳図かずお先生の「まことちゃん」→「おろち」「洗礼」などを大人買いしてどハマりしておりました。懐かしい〜

  12. callistocythere

    2021年6月23日 at 1:34 AM

    楳図先生だとむしろ漂流教室の知名度の方が高いような?ウルトラマンのコミカライズもやってます。
    神の左手悪魔の右手ってガオガイガーの両腕の元ネタですよね。

  13. のらたろう

    2021年6月23日 at 1:34 AM

    楳図かずおはこわい本だったかな
    笑い仮面が好きでした
    蛇女とかもいっしょのシリーズだったと思います

  14. SHIKEPON2

    2021年6月23日 at 1:34 AM

    バブル時代のトレンディ・ドラマあるあるをやってほしいです!

  15. バッタもん

    2021年6月23日 at 1:34 AM

    ホラーの絵柄でギャグ漫画を描いたのが「まことちゃん」。だから楳図かずお先生はギャグ作品の方がレアなんだよね。

  16. tatewaki84

    2021年6月23日 at 1:34 AM

    楳図かずお氏の漂流教室は「飛ぶ教室」のヒントになったと言われます。
    反出生主義の聖典と呼ばれた「アシュラ」が故ジョージ秋山氏の作品だったと後で知りました。

    • CitronCoffee

      2021年6月23日 at 1:34 AM

      @tatewaki84 調べてみます!

    • tatewaki84

      2021年6月23日 at 1:34 AM

      @CitronCoffee はい。ひらまつつとむ氏が作者で週刊少年ジャンプの作品でした。北川先生が唯一の大人の生き残りでした。

    • CitronCoffee

      2021年6月23日 at 1:34 AM

      『飛ぶ教室』といえば、1933年に書かれたエーリッヒ・ケストナーの傑作児童文学ですが。別の作品ですか?

  17. K・M

    2021年6月23日 at 1:34 AM

    ジョージ秋山先生の「花のよたろう」や「ザ・ムーン」「デロリンマン」には子供心にグッと来るものがありました。
    凄惨な描写も叡智な展開もひっくるめて、救いの何かを追い求めながら力尽きる生きざまを描き続けた方だと思います。

  18. black1964sabbath

    2021年6月23日 at 1:34 AM

    楳図先生の傑作は「洗礼」だと思う。

    • 君モグタン

      2021年6月23日 at 1:34 AM

      まだらの恐怖も怖かった。

  19. バロックぎみっく

    2021年6月23日 at 1:34 AM

    楳図かずおサマ座長公演 マダム鶴子の優雅な正月
    東京、名古屋、大阪で公演されてたと覚えております。
    楳図かずお座長と女性マンガ家さんの舞台。

  20. ゆあーんゆよーん

    2021年6月23日 at 1:34 AM

    いかに最近の漫画が人畜無害な商業主義的な物に溢れてるかがよくわかる

  21. ticket milk

    2021年6月23日 at 1:34 AM

    手塚治虫や藤子不二雄みたいな誰でも知ってる漫画家も
    いろいろ闇深いマンガを描いてるので紹介してほしいです

    • そのへんの日本人

      2021年6月23日 at 1:34 AM

      異色短編集はヤバかった

  22. T – SEKINE

    2021年6月23日 at 1:34 AM

    楳図かずお先生の漫画もインパクトありましたが、つのだじろう先生のうしろの百太郎が一番印象に残ってますね。あとは…はだしのゲンでしょうか。どちらもある意味怖さを植え付けられる名作だと思っています。

    • 猫太郎

      2021年6月23日 at 1:34 AM

      恐怖新聞は近年の文庫本での復刻でたくさんのエピソードがカットされていてガッカリした。何があったんだろう。

    • 花見佐知子

      2021年6月23日 at 1:34 AM

      君は見たか見一たーか
      あのー恐怖新聞をー♪

  23. 宮井信成

    2021年6月23日 at 1:34 AM

    『反日思想』を醸成するという意味では『はだしのゲン』も『有害図書』になると、数年前話題になりましたね。そういえば私の小学校でも各教室に数冊あり、普通に読んでいたが……… WGIP の影響力恐るべしと共に、許すべからずだな。

  24. saifu

    2021年6月23日 at 1:34 AM

    ジャンプなら海人ゴンズイもエグかった記憶が…
    秋山ジョージ先生だし。もうやってましたっけ?

  25. akihito uchihara

    2021年6月23日 at 1:34 AM

    子供の頃たまたま手に釘が刺さるということがあって、そのおかげで筋が切れたのか何故かグワシができるようになったのだけど
    普通ならやっぱり筋痛めるのでグワシは止めといた方がいいです

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Advertisement

RSS


Advertisement