Connect with us

Video(Youtube)

【ゆっくり解説】顔が溶ける…超危険ドラッグ『クロコダイル』

Published

on

Continue Reading
Advertisement
33 Comments

33 Comments

  1. 鉄鍋料理人

    2021年6月18日 at 4:33 PM

    数年前、アメリカンドラマで聴いたが、本物だったとはビックリだな。

  2. あみーご

    2021年6月18日 at 4:33 PM

    サムネ画像、ロシアの睡眠実験でよく上げられる画像・・・実際の実験後の画像ではないとされながらもインパクト大なのでみんな使うやつ
    クロコダイルを使い倒した人の成れの果てではないので、夢に出そうって人はキュートな落書きでもして寝てください

    • PTA

      2021年6月18日 at 4:33 PM

      @心人 石谷 カワイイは…つくれる!!!

  3. norice625

    2021年6月18日 at 4:33 PM

    幻視と幻覚はちゃんと区別したほうがいいと思います。
    ワニに食われたようにごっそり肉が落ちるのでクロコダイルという話もありましたね。
    10年くらい前はまだ規制が追い付いてなくヤバイ動画も製造法も簡単に入手できました。
    ロシアから東欧で中毒者が爆発し100万人とも200万人とも言われてましたが
    その人たちは一体どうなったんでしょうね。

  4. uigyu ogyu

    2021年6月18日 at 4:33 PM

    クロコダイル自体に鎮痛作用があって、肉が溶けても暫くは気が付かないといわれてるらしい
    ロシアなどの寒い国はめったに全裸にならないので、腐敗臭に気づいて服を脱いだら骨が露出してたという事例が多発したそうな
    そして末期には鎮痛作用も薄れて患部が痛みだし、全身に痛痒感と不快感が襲う地獄の禁忌症状が待ってるとのこと。まさに最恐ドラッグ

  5. 吉川

    2021年6月18日 at 4:33 PM

    ロシアの麻薬啓発アニメ「Lollipop(ロリポップ)」がクロコダイルの恐ろしさをガチで表現しているので必見だよ!(白目)

  6. さとうさいとう

    2021年6月18日 at 4:33 PM

    最初にクロコダイルを考案した人はきっと「ドリンクバーの飲み物を全部混ぜて『ぼくのかんがえたさいきょうのミックスジュース』を作るんだ!」とかやっちゃうような人だったんやろなぁ…
    その無邪気さを発揮する場所はファミレスだけで良かったのに……

  7. ノルアキルヤ

    2021年6月18日 at 4:33 PM

    本当に合法ならわざわざ強調する必要がないので合法を強調する奴は大体違法ってのは覚えておくといいかも

  8. 側溝のパセリの死骸

    2021年6月18日 at 4:33 PM

    正直ヘロインの方が依存性・凶悪性は高いと思うが、手に入れやすさという最悪な特徴が世界一恐ろしいドラックにしているんだろな

  9. ファミー

    2021年6月18日 at 4:33 PM

    ENEOSへの圧倒的風評被害(^ω^)

  10. ゆか25

    2021年6月18日 at 4:33 PM

    クロコダイルは、手軽に
    作れる+他の薬物より
    かなりハイになれるそうですが、
    効果が切れるとしばらく動けない程
    脱力感が凄いそうです。

  11. koisato. Kuroto

    2021年6月18日 at 4:33 PM

    DIOにとっての麻薬はジョースターの血統だからハイ!になっていたのか………(よくわかってない頭の悪い人)

  12. ヤニカス

    2021年6月18日 at 4:33 PM

    アヘン→モルヒネ→コディン→メゾモルヒネで製造されてるんですね

    • papa shiho

      2021年6月18日 at 4:33 PM

      メゾじゃなくデソモルヒネね。

  13. 1時間寝たい

    2021年6月18日 at 4:33 PM

    違法薬物は国境を越える度に値段が上がるってどこかで聞きました

  14. ピンカーのゲーム配信_実況無しVideo game_Japanese

    2021年6月18日 at 4:33 PM

    やっぱり国が豊かじゃないと危険ドラッグが横行するんだなあ

  15. yaruoyarumi

    2021年6月18日 at 4:33 PM

    こんなもの知らずに他人に打たれたりしたら怖い

  16. ハト

    2021年6月18日 at 4:33 PM

    クロコダイルを使用すると100日後に死ぬワニと同じ運命をたどりそうですね

  17. 田中一郎

    2021年6月18日 at 4:33 PM

    なんでこんな危険なブツをやっちゃうのかって言うと初めから「これはクロコダイルだ」なんて教えてくれる人なんていないから

  18. 猫家猫枕

    2021年6月18日 at 4:33 PM

    人類を滅ぼすドラッグですね、恐ろしい…。原材料が簡単に手に入ってしまうのも怖い。

  19. don war daddy軍曹

    2021年6月18日 at 4:33 PM

    まさに、ワニに食い付かれて逃げられないまま、ゆっくりとくわれていくみたいな、ドラッグだな。最初にクロコダイルを考えた奴はホントに悪魔みたいな、奴だな。

  20. ネコまんま

    2021年6月18日 at 4:33 PM

    要は、ガソリンと鎮痛剤混ぜたモノ。
    ガソリンなんか体に注射してりゃ、細胞が壊死して崩れ落ちて当然だわな。
    鎮痛剤成分が効いてる間は痛みは無いが、切れれば壊死した部分が痛み出す。
    禁断症状と言うより、痛みが我慢出来ないからまたクロコダイルを射つ羽目になるんだろうな。
    他の麻薬と違い、物理的に肉体が壊死していくので、なんとかして中毒を断ち切っても身体傷害者は免れない。

    クロコダイルの名前の由来は、ワニに噛まれたかのように肉が削げ落ちて骨が露出すると言うのもあるらしい。

    画像検索はやめた方がいい。
    10代とおぼしき少女の腕の肉が壊死して落ち、骨が見えてる画像はトラウマレベル。少女が割と美人で腕以外が普通に見えるのが恐ろしい。

  21. ドリーバンデラス

    2021年6月18日 at 4:33 PM

    このままタバコが値上がりするとマリファナぐらいなら流行ると思ってる。

  22. MOTORO xx

    2021年6月18日 at 4:33 PM

    突っ込み一つ、平均余命は使用開始後約半年です。
    2〜3年も生きられません。(飯塚容疑者で治験してやりたいですね)
    覚醒剤の製造方法は今も昔も図書館の科学の洋書のコーナーで簡単に入手出来ます。科学論文の英語は読み易いです。

  23. 蟲秀

    2021年6月18日 at 4:33 PM

    サムネの左側の画像を使ったSCPがあったなぁ、たしか「おびきよせ」だったかな?

  24. ばに

    2021年6月18日 at 4:33 PM

    じゃあ、気になって買ってみたら危ないヤツでした!ってのがあったりするってこと…?だとしたら怖いな…
    みんなラムネ食べよ。

    • ばに

      2021年6月18日 at 4:33 PM

      @すり潰されたカカオ豆
      (‘ω’)ウメェ!

    • 巫夜海

      2021年6月18日 at 4:33 PM

      ラムネおいちぃ(*´ч`*)

    • 1時間寝たい

      2021年6月18日 at 4:33 PM

      ラムネ美味しいですŧ‹”ŧ‹”( ‘ч’ )ŧ‹”ŧ‹”

  25. 合丼来来

    2021年6月18日 at 4:33 PM

    これが100日後に◯ぬワニですか

  26. 無力な名もなきひと

    2021年6月18日 at 4:33 PM

    タバコは貧しい者の娯楽の部分もあるからなぁ。
    だいたい悲惨な事故や事件にはタバコよりやはり酒、アルコールが関係してる。
    みんなが飲むからって、安全のように言っちゃダメだよな

  27. 高野

    2021年6月18日 at 4:33 PM

    ニャオペもクロコダイルと違うベクトルでヤバイと思ってる
    金ないホームレスみたいなのが1人ポンプで摂取したら、その血を抜いてソレをまた別の人が注射して摂取するとか、正気の沙汰じゃない

  28. ホモォ

    2021年6月18日 at 4:33 PM

    ヘロインが可愛く見えてくるな

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Advertisement

RSS


Advertisement