Connect with us

Video(Youtube)

【ゆっくり解説】キッカケはたった一つの「ドア」 1000人を乗せたフェリーが沈没『エストニア号沈没』【1994年】

Published

on

Continue Reading
Advertisement
41 Comments

41 Comments

  1. goro -yoko-teto

    2021年6月1日 at 4:33 AM

    海でも空でも大きな契機になった事故っていうのがあるんだね。個人的には就寝中にいきなり30度傾いた状態で起こされて、沈没まで5分しかなかったのに100人以上が助かったのが凄いと思った。亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。

  2. チーポンにゃ

    2021年6月1日 at 4:33 AM

    船や飛行機がどれだけ難しい設計の上で作られてるかがわかるな。
    こんなひとつの不備で大惨事になるようなものが海の上に浮かんでること自体が本当は凄いことなんだろうな。

  3. 長野全宏

    2021年6月1日 at 4:33 AM

    WWⅡ末期だが、ドイツ海軍の難民移送作戦・「ハンニバル」作戦で、ヴィエルヘルム・ガストロフ号が沈んだ時の犠牲者も…(ちなみにどの船も定員超過)

  4. 北の独居

    2021年6月1日 at 4:33 AM

    低体温症と聞いてタイタニックを思い出した。

    • 遠山芳

      2021年6月1日 at 4:33 AM

      ほぼほぼタイタニックですね。

  5. 仮名前

    2021年6月1日 at 4:33 AM

    映画「Uボート」ではバルト海を穏やかな海の比喩として使っていたが、風速20m以上とか9月だとかなり荒れるのか。

  6. ざらめ

    2021年6月1日 at 4:33 AM

    寝起きで30度以上傾いてる船内から脱出する
    とかまさに『極限状態』だな…

    • 百合丸錬

      2021年6月1日 at 4:33 AM

      目覚めでSASUKEにチャレンジだな。

  7. モニモニ

    2021年6月1日 at 4:33 AM

    いつもテンポ良い解説で観やすいです。

  8. M N

    2021年6月1日 at 4:33 AM

    船が傾いて部屋の扉が下側にあったらまだ希望があるけど上側に行った時の絶望感。

  9. きじろ

    2021年6月1日 at 4:33 AM

    浸水にいち早く気付けて、そして救命ボートも問題なく使えたら助かる命が沢山あったと思うと悲しいな…

  10. 抹茶茶碗

    2021年6月1日 at 4:33 AM

    タイタニック号の時も以後、船に無線装置と無線の24時間の傍受が行われるようになったと思うけど、大事故が起こらないと変わらない、という側面はあるよね。

  11. Yuuki Osakana

    2021年6月1日 at 4:33 AM

    浸水警報が作動していなくても貨物区画のビルジは定期的にサウンディングしているはずでは?デッキクルーとワッチは何をしていたんだろう?

    • jairo 18

      2021年6月1日 at 4:33 AM

      荒天航海中、当直毎にサウンディングはやらないのではないのでしょうか…

  12. 紅廼

    2021年6月1日 at 4:33 AM

    何度も何度も何度も繰り返しても人は人災を繰り返す
    本質的な進歩はいつするのだろうか

  13. いけおしゅん

    2021年6月1日 at 4:33 AM

    今度はナショナル・エアラインズ102便
    墜落事故を解説してほしいです。
    あと、毎日この動画が楽しみになって
    ます!動画投稿ありがとう!

  14. T Rあるっちい

    2021年6月1日 at 4:33 AM

    ドア一つだけで沈没してしまうとは…以前紹介された飛行機事故と通じるものがある。

  15. ナカタニトシオ

    2021年6月1日 at 4:33 AM

    かなり前に車両も100台搭載できるタイプのフェリーに乗ったことがあります
    年末年始で海上は荒れてたけどほとんど揺れを気にすることなく目的地に着きました
    そんな理由からお客さんは安全につくのが当たり前
    不安のふの字もなかったでしょうね
    それがまさか沈没してしまうなんて
    悔やんでも悔やみきれません

  16. きたはるか

    2021年6月1日 at 4:33 AM

    今日の霊夢さん、脱出できない人数のあまりの多さに思わず白目
    洞爺丸もそうだったけど実際深夜に傾いた船から脱出できる人ってほとんどいないと思う

  17. 結城里音

    2021年6月1日 at 4:33 AM

    整備、メンテナンスしてないだけで……
    扉が、黄泉へと繋がる扉になっちゃった……

  18. nhing bernadas

    2021年6月1日 at 4:33 AM

    反社神経w反射神経の誤字だろうけど、ジワるw

  19. 小川寛之

    2021年6月1日 at 4:33 AM

    こんな水難事故が二十数年前に起こっていたのですね。波浪の衝撃により船首部分の車両積み込みドアを保護するための構造部が完全に脱落して、車両積み込みドアが解放状態となったことで、船首の喫水線より上がガバガバ状態とは…急速な大規模浸水を引き起こして沈没するわけですね。

  20. やゆよ

    2021年6月1日 at 4:33 AM

    2:25 反社会神経でわろた

    • Akira Kajiwara

      2021年6月1日 at 4:33 AM

      この神経が太いと危ない人になりそう。

    • 柴犬大好きわん

      2021年6月1日 at 4:33 AM

      アウトロー気取ってる感じのやつですかね(笑)

  21. gohanda Panda

    2021年6月1日 at 4:33 AM

    全然関係ないけど、コンスタンティノープルの陥落も鍵のかけ忘れが原因がったとかなんとか。

  22. おがたおかだ

    2021年6月1日 at 4:33 AM

    子どもの頃バルト海の事をバトル海だと思ってた

    • Aki

      2021年6月1日 at 4:33 AM

      紫電と紫電改が頭の中でちゃんと繋がっていない軍事マニアも居ますね。

    • Smile_Hex

      2021年6月1日 at 4:33 AM

      おれは昔バルト海の”カイ”がなぜか”海”と認識出来ず「バルトカイ」という外国語の地名だと勘違いしたわ
      字で見たら納得したけどな

    • 柴犬大好きわん

      2021年6月1日 at 4:33 AM

      RPGとかに出てきそう(笑)

    • 予備一

      2021年6月1日 at 4:33 AM

      わくわくしてきた。

    • ちゃんおすし

      2021年6月1日 at 4:33 AM

      @彩杏シアン 豪快すぎて草

  23. 2021年6月1日 at 4:33 AM

    船繋がりでドニャ・パス号とヴェクター号の衝突沈没事故を取り上げてほしいです。

  24. hiroballoon

    2021年6月1日 at 4:33 AM

    日本でも洞爺丸事故が船尾の車両搭乗口からの進水で沈没して1000名以上が亡くなりましたね

  25. げりのたつじん

    2021年6月1日 at 4:33 AM

    小さな綻びを放置するとやがて大きな災害のきっかけになる

  26. ---葵

    2021年6月1日 at 4:33 AM

    細かい点ですが、解説役のキャラクターが無意味にずっとにこにこしてないのも主さんの配慮なのかなといつも思っています。
    凄惨な事故や事件を解説するゆっくりチャンネルは他にも多数あれど、基本的には「喋ってないときはデフォルトの笑顔」が一般的なので…

  27. RX 77

    2021年6月1日 at 4:33 AM

    ドアが原因の事故はアポロ1号の火災事故が有名ですね あれも痛ましい事故でした・・・ドアの安全性は本当に大事

    • Atsushi Mizobe

      2021年6月1日 at 4:33 AM

      たしかソユーズ11号のクルー窒息事故も。

  28. なっきー

    2021年6月1日 at 4:33 AM

    反社神経って誤字だと思うんだけど893の神経じわる

  29. へもりゅん

    2021年6月1日 at 4:33 AM

    ドア、ドアというけど、バウバイザーが脱落してその裏にあるランプドア(車両搬入のドアと橋を兼ねたようなもの)が開いてしまった事故ですよ。人が通るようなドアを誰かが閉め忘れたような事故ではないです。

  30. 山田雅寛

    2021年6月1日 at 4:33 AM

    紋別市の沖合で毛ガニ漁船とロシア船籍の運搬船が衝突し3人が死亡した事故でAISを回収したっていう報道がされていて海事分野も進歩したなと感心していたら、この事故がそれを搭載する契機になっていたんですね。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Advertisement

RSS


Advertisement