Connect with us

Video(Youtube)

【ゆっくり解説】史上最悪の気象悪魔が降臨した墜落事故

Published

on

Continue Reading
Advertisement
44 Comments

44 Comments

  1. 彌生フツカ

    2021年5月30日 at 1:33 AM

    空を飛ぶということは,気象現象に前には,
    あれだけの金属の塊であっても,紙飛行機とあまり変わらない挙動をするのだなぁ。

  2. 登録者が増える度にアイコンがエロくなるLv2

    2021年5月30日 at 1:33 AM

    安全って多くの犠牲の元に成り立っているんだなぁと再認識させられた。

  3. 七五三十五

    2021年5月30日 at 1:33 AM

    昔、ロシア上空で体が浮き上がりそうなくらいの乱気流に飲まれましたが「天気ごときで飛行機が落ちるわけがない」と無知っぷりを発揮して大して怖いとも思いませんでした。
    今はこうやって飛行機事故を解説してくださるので、日々改善されているとはいえ怖いという事を知りました。
    あの時のパイロットさんたちに感謝です。

    • 火辺針尾

      2021年5月30日 at 1:33 AM

      十分な高度があれば、たいていの乱気流は大丈夫なんですよ。もちろん限界はありますけどね。ただ、離陸直後とか着陸前とか高度に余裕が無いときがヤバイんです。

  4. 500系京阪特急

    2021年5月30日 at 1:33 AM

    どんなに優秀なパイロットでも、自然災害には抗えない。逆にパイロットが自信を持ちすぎて雷雲に突っ込み、墜落をやらかした事例もあります。(タンス航空204便墜落事故)

  5. 天使ちぃ

    2021年5月30日 at 1:33 AM

    いつもお疲れ様です。頻繁にUPされて感謝します。やっぱりゆっくり系は分かりやすくて好きです
    事故の被害者様のご冥福をお祈りします

  6. ちっちゃいちゃん

    2021年5月30日 at 1:33 AM

    超ベテランですら、避け得なかった悲劇だったのか…

  7. バス運転士貸し切り

    2021年5月30日 at 1:33 AM

    犠牲者が出て、技術が発展してより安全になる。何とも複雑な気持ちになる。

  8. T Mija

    2021年5月30日 at 1:33 AM

    よくこれだけ綺麗に解りやすく纏めますね…素直に凄いです。

  9. ロンド祥子

    2021年5月30日 at 1:33 AM

    デルタは歴史も古くて有名だけどサービスもクソで有名

  10. red

    2021年5月30日 at 1:33 AM

    ガンダムでいうならこの機長は
    ランバラルみたいなベテランってことか?

  11. MrYoshichan

    2021年5月30日 at 1:33 AM

    これは運が悪かった、としか言えないな。この事故でダウン・バースト対策がいろいろ進んだ訳で、我々はこの犠牲者に感謝しないといけない。

    • ZERO MAKAIKNIGHT

      2021年5月30日 at 1:33 AM

      この空港はこの事故の数年前にダウンバーストの仕組みが解明されて対策のドップラーレーダーの設置が各空港で進んでる中でまだ設置が出来てなかった中での悲劇だったんですよね。

  12. おおひらまさき

    2021年5月30日 at 1:33 AM

    業界トップクラスの人材の命を食い散らかした末に、今の「安全」が研ぎ澄まされている……。

    • おおひらまさき

      2021年5月30日 at 1:33 AM

      @Kyoka Nagatsuki 魔理沙「経験豊富な調査兵団員だったら安心だな!」

    • Kyoka Nagatsuki

      2021年5月30日 at 1:33 AM

      進撃の巨人みたいですね
      あれはエリートとは関係ないですが

  13. 咳をしても一人

    2021年5月30日 at 1:33 AM

    元機長の雲さんも、
    「アプローチ中に全く突然に遭遇したダウンバーストが一番怖かった」
    とおっしゃってました。

  14. cat wild

    2021年5月30日 at 1:33 AM

    なるほど某アニメで異常寒冷化とダウンバーストの組み合わせで周囲があっという間に氷漬けになる冷獄シーンが有りまして
    私はそれをきっかけに知ったのですけど かなり強烈な下降気流なんですかね

    • 霧雨ユナイテッド

      2021年5月30日 at 1:33 AM

      デイ・アフター・トゥモローでも同じ様な描画ありましたよね

    • cat wild

      2021年5月30日 at 1:33 AM

      @る いえ せっかくの反応ですが違いますね メカアニメです

    • 2021年5月30日 at 1:33 AM

      魔法科ですか?

    • 某某

      2021年5月30日 at 1:33 AM

      生き残った5人の分隊プラス1士官がいたんでしたっけ。

  15. ZERO MAKAIKNIGHT

    2021年5月30日 at 1:33 AM

    この(マイクロバースト)ダウンバーストの仕組みを解明し空港にドップラーレーダーの設置が進む一因を作った日本人の気象学者の藤田哲也氏が有名ですね。

    • ZERO MAKAIKNIGHT

      2021年5月30日 at 1:33 AM

      @Sawako Douglas
      元々は物理学者でありながら地道に山に行って観測し獲たデータを元に下降気流を発見、それがひょんな事で竜巻の本場とも言えるアメリカの大学教授の目に留まりアメリカで本格的に気象研究の道へ。
      藤田氏も本当に波乱万丈な生涯をおくられた方ですよね。

    • Sawako Douglas

      2021年5月30日 at 1:33 AM

      最近では、EF(エンハンストゥ・藤田スケール=改良版)で特に米国の竜巻銀座及びカナダで、大変役に立っています。EF1~EF5まで有ります。まあ、北米で竜巻が発生するのは、ロッキー山脈の東側・大平原州なのですけれど。。

    • 雷帝

      2021年5月30日 at 1:33 AM

      藤田スケールとして、名を遺したぐらいですからね。凄い人ですよ

  16. 阿部たかかず

    2021年5月30日 at 1:33 AM

    注意深いベテラン機長とベテラン副操縦士とは……(哲学

  17. 石井一嘉

    2021年5月30日 at 1:33 AM

    ウインドシアの事なら
    花巻空港JAS旅客機着陸失敗事故も特集して欲しい!
    この事故がきっかけでダウンバースト(ウインドシア)がクローズアップされるようになった!

    • ZERO MAKAIKNIGHT

      2021年5月30日 at 1:33 AM

      成田であったFedEx80便の着陸失敗事故もウインドシア+三発機の飛行特性+乗員の過密日程という最悪の組み合わせでしたね。

  18. rei1217

    2021年5月30日 at 1:33 AM

    ダウンバースト、厄介だし予想不能な場合も多いし、さらに、マイクロダウンバーストと言われる超局地的な奴もあるからなぁ。
    犠牲者のご冥福を祈ります。

  19. Alchiko D

    2021年5月30日 at 1:33 AM

    テンプレな安心スタッフによる死出の旅路
    珍しく不慮の事故だったんだなぁ・・・

  20. つむぎ

    2021年5月30日 at 1:33 AM

    たとえ飛行機でも自然の力には敵わないということを知りました

    • 雪空のローレライ

      2021年5月30日 at 1:33 AM

      自然の前では飛行機も紙飛行機も変わりませんなぁ……

  21. Meg

    2021年5月30日 at 1:33 AM

    このダウンバーストの解明に尽力した藤田博士の動画がニコニコにあがってるから長めだけど是非最後まで見てほしい(マイクロバーストで検索)。

  22. F8F熊猫

    2021年5月30日 at 1:33 AM

    ダウンバーストって、日本航空のDC-8が那覇で襲われ、着陸灯に接触したものの、何とか滑走路に滑り込めた事故がありましたね。
    怖い現象だって思った記憶があります。

  23. LITHRONE35

    2021年5月30日 at 1:33 AM

    L1011トライスターキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
    DC10と熾烈なバトルを展開し、販売機数では敗れたんだけど、事故はこの事例を含めて数えるほどで、安全性はピカイチだったんだよな。

  24. Hashimaki31

    2021年5月30日 at 1:33 AM

    30000時間の超ベテランパイロットが…

  25. イカユリ

    2021年5月30日 at 1:33 AM

    この機の焼け取れ転がった尾翼の上を同機のデルタ機が飛んでる写真が印象的だな

  26. みねきゅん

    2021年5月30日 at 1:33 AM

    最近ハマってる

  27. goro -yoko-teto

    2021年5月30日 at 1:33 AM

    なんかこの音声で「プールアップウーウー、プールアップウーウー」って読み上げるとJAL123便思い出す。wiki見たら一回は体勢を立て直したんだね。さすが注意深いベテランパイロット、残念です。

  28. よしたか

    2021年5月30日 at 1:33 AM

    この話はメーデーで見ましたが、どの乗務員もベテランで注意深く経験豊富。そんな人たちでもどうしようない事態もあるのですね、、、

  29. ろいこ

    2021年5月30日 at 1:33 AM

    前に読んだ小説で、意図的にダウンバーストが起こる場所に誘導して建物(めちゃくちゃボロボロだけど)ごと潰して殺そうとする描写があったけど、飛行機ですら墜落させる威力なんだな…

  30. 火辺針尾

    2021年5月30日 at 1:33 AM

    ここでのダウンバーストは、極めて狭い範囲の下降気流なのでマイクロバーストとも呼ばれます。こいつが厄介なのは、下降気流よりも狭い範囲で風向きが向かい風から追い風に変化する(ウインドシア)ことで、向かい風で揚力が稼げていたのがあっというまに追い風に変化することで揚力を失って、航空機からすると一気に叩き落されるようなもので、たまったものではありません。
    こいつから脱出するには、エンジンパワーを最大にして、思いっきり機首上げ姿勢をとり、抜け出すまでじっと我慢することだそうです。普通失速しそうなときには機首下げにするのですが、その逆の操作が必要ということですね。

    • goro -yoko-teto

      2021年5月30日 at 1:33 AM

      分かりやすい解説ありがとうございます

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Advertisement

RSS


Advertisement