Connect with us

Entertainment

宮崎大学の教授が『豚の体重が見える眼鏡』を開発! 測定用3Dカメラと「スマートグラス」で実現、測定体重の誤差は「数%以内」

Published

on

元記事



記事要約

・宮崎大工学部の川末紀功仁(きくひと)教授が、人工知能(AI)と拡張現実(AR)技術を活用した「豚の体重が見える眼鏡」を開発した。頭に装着して豚を見るだけで豚肉の取引価格に影響する枝肉重量が簡単に測定できる。こうした装置は世界でも例がなく、農家の負担軽減や安定収入につながることが期待される。

・川末教授によると、豚は出荷時の体重が115キロだと、最も格付けが高くなりやすいとされる。ただ、豚は1日で餌3キロ、水15リットル以上を摂取するため体重の変動が大きい。これまでは豚を体重計に載せるにも2、3人がかりの重労働だったため、眼鏡を装着することで1人でも頻繁に正確な測定ができるようになるという。

・眼鏡は、測定用3Dカメラと数値情報を表示する眼鏡型の装置「スマートグラス」などで構成。3Dカメラで得られた豚の体形データと標準モデルを比べて枝肉重量を推定する。推定重量はリアルタイムでスマートグラスに表示される。誤差は数%以内で、国際特許も出願中だ。川末教授は「少なくとも2年以内に製品化を目指したい」と話し、今後より正確に推定できるよう検証する。

 

この記事の反応


 


重労働だったものが楽になるのは素晴らしいですね




Continue Reading
Advertisement
Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Advertisement

RSS


Advertisement