Connect with us

Entertainment

トルコで「マフィアのボス」が『YouTuberデビュー』していると話題に…汚職や薬物取引、大臣や元首相の「疑惑」を暴露しまくっている模様

Published

on

元記事



記事要約

・海外に逃れたトルコの有名なマフィアがYouTubeで公開した動画が波紋を呼んでいる。汚職や薬物取引、殺人など、現職大臣や元首相の親族らが関わったとする「疑惑」に言及。真偽は不明だが、多くの市民が目にしており、政権は対応を迫られている。

・「私が見聞きしたものを、すべて説明しましょう」。そう言って、動画で自らの主張を配信したのは、セダット・ペケル氏。地元メディアなどによると、過去に犯罪集団を組織した罪などで服役した49歳の「マフィアのボス」だ。胸元を開けたワイシャツを着て、時折笑ったり、大きく身ぶり手ぶりをしたりしながらカメラに語りかける。ある映像では、映画「ゴッドファーザー」の原作者マリオ・プーゾ氏の著書が机に置かれていた。

・5月初旬以降、ペケル氏は自身のチャンネルに立て続けに動画を投稿し、一部は1500万回以上視聴された。ツイッターでは最近、ペケル氏の名前がトレンドの上位に名を連ねていた。

 

この記事の反応


 


マフィアもYouTubeやる時代ですね




Continue Reading
Advertisement
Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Advertisement

RSS


Advertisement