Connect with us

News

WHO欧州事務局長「新型コロナウイルスが収束するには人口の『70%以上』がワクチン接種を終える必要がある」

Published

on

元記事



記事要約

・世界保健機関(WHO)欧州地域事務局のハンス・クルーゲ(Hans Kluge)事務局長は28日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的な大流行)は人口の70%以上がワクチン接種を終えるまで収束しないと警告し、欧州地域におけるワクチン接種のペースは「遅過ぎる」と批判した。

・インタビューに応じたクルーゲ氏はAFPに対し、「新型コロナウイルス感染症のパンデミックが終わったと思わないでほしい」として、各国政府とその国民はパンデミックについて楽観してはいけないと述べ、ワクチン接種率を上げる必要があると指摘した。

・クルーゲ氏の主な懸念の一つは、新たな変異株の感染力が強いことだという。AFPの集計によると新規感染者数は4週連続で減少しているが、クルーゲ氏は、夏に向けて「人々が警戒を解くこと」が主な懸念事項だと語った。

 

この記事の反応


 


まだまだ時間がかかりそうですね…




Continue Reading
Advertisement
Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Advertisement

RSS


Advertisement