Connect with us

Game

デッドバイデイライトの『バイオハザード』コラボDLCが6月16日配信決定! レオン・ジル・ネメシスが登場、新マップはラクーンシティ警察

Published

on

元記事



記事要約

・カナダのBehaviour Interactiveが開発する4対1の非対称マルチプレイホラーゲーム『Dead by Daylight』が、5周年を記念した『バイオハザード』シリーズとのコラボ内容を正式発表した。日本時間6月16日にリリースする。対応プラットフォームはNintendo Switch、PlayStation 4、PlayStation 5、Steam、Microsoft Store、Xbox One、Xbox Series X|S。価格は1220円だ。

・生存者として「レオン・S・ケネディ」と「ジル・バレンタイン」、新殺人鬼として「ネメシス」が登場し、新たなマップとして「ラクーンシティ警察署」が追加される。ラクーンシティ警察署には、シリーズで初めてAI操作のキラー「ゾンビ」が登場。生存者はプレイヤーが操作するキラーだけでなく、マップ内を徘徊するゾンビにも注意を払わなければならない。

・『Dead by Daylight』の『バイオハザード』コラボDLCは6月16日発売予定。Steam版にて5月26日午前3時15分ごろより、このコラボDLCをテストするパブリックテストビルドサーバーも解放予定だ。

 

この記事の反応


 


これはめっちゃ期待できる!




Continue Reading
Advertisement
Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Advertisement

RSS


Advertisement