Connect with us

Game

新型コロナに感染していた『ウメハラ』こと梅原大吾さんが無事に復帰!「死ぬかと思った、二度とかかりたくない」

Published

on

元記事



記事要約

・「感想としてはね、二度とかかりたくない」――新型コロナに感染し入院が伝えられていたプロゲーマーの梅原大吾選手が5月22日に退院を報告。呼吸困難な状態で39度の高熱が10日以上続いたという“地獄”の入院生活について、復帰後初の配信で語りました。

・梅原さんは、配信チャンネル「DaigoTheBeasTV」で、自分の症状が重症の次に重い「中等症」だったと説明。新型コロナについて、「(中等症である)俺より上があるんだなと思ったときに、これはやっぱ死ぬなと思った」と、病状の過酷さを振り返っています。梅原さんが体調に異変を覚えたのは5月5日。最初は風邪だと思ったそうですが、38度あった熱は翌日には人生初の39度台に。その後PCR検査で陽性と出たためホテル療養を開始したところ、検査で酸素濃度の低下が発覚します。

・この後も「入院できてなかったら下手してたら死んでた」という言葉の通り、「上体を起こすだけで息があがり、呼吸を整えるために数十秒かかる」「ワンチャン死ぬみたいな咳をトイレ行くたびにする」「(高熱が続いたため)目をつぶると現実と妄想の世界が混ざっていく」など、壮絶としか言いようがない体験の数々を明かしました。

 

この記事の反応


 


無事に快復されてよかったです




Continue Reading
Advertisement
Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Advertisement

RSS


Advertisement