Connect with us

News

【悲報】TikTokで『拳銃自殺のマネ』をしていた男性、実弾が入っているのを知らず本当に死亡

Published

on

元記事



記事要約

・パキスタンで、19歳の男性が動画共有アプリ「ティックトック(TikTok)」に投稿しようと、拳銃自殺のまねをする動画を友人に頼んで撮影中に、実弾入りと知らずに引き金を引いて自分の頭を撃ち、死亡した。警察が20日発表した。

・事故は北西部スワト渓谷(Swat Valley)で発生。警察幹部によると、男性は「その場で死亡」した。「男性は地元では有名で、ティックトックを頻繁に利用していた」という。フォロワーは8000人を超え、600本近い動画を投稿していた。

・パキスタンでは、ソーシャルメディア向けの動画撮影中の死亡事故が相次いでいる。南部カラチ(Karachi)では昨年、ティックトックに投稿しようと、ライフルをもてあそぶ姿を撮影していた警備員が死亡。今年1月には北部ラワルピンディ(Rawalpindi)で、10代の若者が動画撮影中に列車にひかれ死亡した。

 

この記事の反応


 


始める前に確認しないのかな…




Continue Reading
Advertisement
Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Advertisement

RSS


Advertisement