Connect with us

Entertainment

水族館で大人気のラッコ、日本全国に残り『◯頭』しかいないと判明…繁殖が難しく高齢化も深刻、絶滅の危機に

Published

on

元記事



記事要約

・5月9日、神戸市立須磨海浜水族園で飼育されていたラッコのラッキー(享年22・オス)が老衰で死去した。ラッキーは、現在日本で飼育されているラッコにおける最高齢だった。須磨海浜水族園はリニューアルオープンに向けた改修中で、ラッキーはともに飼育されていた明日花(22・メス)と一緒に千葉県・鴨川シーワールドに引っ越ししており、その地で最期を迎えた。

・水面をぷかぷか浮き、貝殻を抱く愛くるしい姿から「水族館の人気者」となっているラッコ。かつて、日本では1994年のピーク時に122頭が国内で飼育されていた。だが、じつはラッキーの死去を受けて、現在国内で飼育されているのは、3施設で4頭だけになってしまったのだ。

・「本来、ラッコは繁殖力が強い動物なんです。それもあってか一時は国内でも多くの施設で飼育されていましたが、その飼育されていたラッコたちから世代が進むにつれて、繁殖力が弱まってしまったようです。現在、日本国内のラッコは鳥羽水族館のキラとメイ、須磨海浜水族園の明日花、そして福岡県・マリンワールド海の中道のリロ(14・オス)の4頭。ほとんどが高齢ですので、飼育しているラッコ同士の繁殖で増やすのも難しいのが現状です……」
 

この記事の反応


 


みんな知ってる動物なのに4頭しかいないのか…




Continue Reading
Advertisement
Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Advertisement

RSS


Advertisement