Connect with us

Game

2020年に販売された「ニンテンドースイッチ」の約20%は『2台目』として購入されていたことが判明! まだまだ品薄が続きそう…

Published

on

元記事



記事要約

・2020年は新型コロナウイルスのパン デミックのため世界中の人々が自宅で過ごす時間を楽しむため、ゲーム機の需要が非常に高くなりました。Nintendo Switchも2021年3月期に前年同期比で44%増と好調を維持しています。

・そしてゲーム情報サイトのGamasutraは、任天堂の古川社長が、投資家向けの質疑で2021年3月31日までの1年間に販売されたNintendo Switchのうち、約20%はすでにSwitchを持っている世帯だったと述べたことを報じています。

・昨年のSwitch販売台数の約20%というとだいたい580万台に相当し、Switch本体の購入用途は家族のために購入されたとのこと。またSwitch Liteはほぼ2台目以降の需要を満たすためのものでした。ただ、古川社長は2台目需要はまだまだあると見ており「ハードの販売台数が伸びても、1世帯あたり複数台の需要が増えると予想している」特に「アジアでは大幅な販売増が続いているほか、欧米も人口を考えればまだまだ十分な需要の余地があると考えている」としました。

 

この記事の反応


 


2台目を買う人がいるんじゃ品薄はまだまだ続きそう…




Advertisement

RSS


Advertisement