Connect with us

News

孫正義社長「ワクチンひとつとっても怒り狂うことはいっぱいある」「ファックスでPCR検査のやりとりをするとか恥ずかしくて話にならない」

Published

on

元記事



記事要約

・「ワクチンひとつとっても、怒り狂うことはいっぱいある」5月12日に開催されたソフトバンクグループの2021年3月期の通期決算の説明会で、孫正義会長はそう、ほえた。ソフトバンクグループ決算自体は、純利益が4兆9879億6200万円と、前年同期の9615億7600万円の巨額赤字と比べて大幅に回復……決算が開示された同日午後3時にはトヨタ自動車などを抜き“東証上場の日本企業で過去最高益”などの見出しが報道各紙に躍った。

・説明会は今までと大きく変わらず、孫氏は自身の主目的とする“AI革命”を今後も粛々と進めていくこと、投資家の評価=市場のソフトバンクグループの株価が(孫氏が考えているより)低いことへの不満を主張するものだった。

・孫氏は今までも日本を「AI後進国」と評価してきた。その評価は今も変わらないようだ。「いま世界には1000社ぐらいユニコーン(評価額1000億円以上の未上場スタートアップ)がある中で、とくにAI(分野)では(日本の企業は)3社ぐらいしかない。AI革命から決定的に遅れをとっているのは事実だ。DXの先にはAIトランスフォーメーションがある。デジタルにするのは当たり前。スタートラインにすら立っていない。ファックスでPCR検査(のやりとりをする)とか恥ずかしくて話にならない。DXは当然で当たり前のことだ。」

 

この記事の反応


 


日本じゃファックスがまだ現役ですからね…




Continue Reading
Advertisement
Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Advertisement

RSS


Advertisement