Connect with us

Entertainment

【朗報】ついに「水」と「空気」だけで『ウォッカ』を作り出すことに成功…二酸化炭素を使用するため「環境問題」も解決できてしまう

Published

on

元記事



記事要約

・空気から新たな飲み物が誕生。地球温暖化の救世主となるかもしれません。通常は大麦など穀物を原料に作られるウォッカ。ところが、パッケージや建物には「AIR」の文字。原料は水と空気だというのです。二酸化炭素と水からお酒が…。そんな夢のような話があるのでしょうか。

・必要なものは二酸化炭素と水、そして太陽光。植物の光合成と一緒です。ということは、つまり空気中の二酸化炭素を消費するということです。必要な二酸化炭素は1瓶あたり約500グラム。これは成長したアカシアの木8本が一日に吸収する量に相当するといいます。アルコール度数は40%。通販サイトなどでは750ミリリットル入りで1瓶約8000円で販売されています。

 

この記事の反応


 


水と空気だけとか神の領域感がすごい…




Continue Reading
Advertisement
Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Advertisement

RSS


Advertisement