Connect with us

Video(Youtube)

【ゆっくり解説】日本の海外領土がオーストラリアにある?!

Published

on

Continue Reading
Advertisement
64 Comments

64 Comments

  1. 鷹の爪団員:Tだぜ

    2021年5月13日 at 1:33 AM

    世界中に在る、大使館、公使館は存在中はその国の領土に成る、ので在所国は立ち入り出来ない。

  2. 100EIZO

    2021年5月13日 at 1:33 AM

    オーストラリアは反日意識が強いイメージだったが、関連の寛大な対応には感謝するしかないです。

  3. いでたかゆき

    2021年5月13日 at 1:33 AM

    世界で唯一オーストラリアを攻撃したのは
    日本って知っていたけどこんな事件があったとは

    • 赤い趣味者

      2021年5月13日 at 1:33 AM

      @正常なテミー なるほどね

    • 正常なテミー

      2021年5月13日 at 1:33 AM

      @赤い趣味者 多分アメリカ本土爆撃と勘違いしてるんじゃない?

    • 赤い趣味者

      2021年5月13日 at 1:33 AM

      @ああ 米英戦争は?

  4. tetsu arimura

    2021年5月13日 at 1:33 AM

    石田純一が若い頃に熱演したTVドラマはよくできた内容だった
    ただ、その後の本人の行動がね

    • Saya Sasa

      2021年5月13日 at 1:33 AM

      石田純一がトラップでオーストラリア軍1個分隊を全滅させて、肩を銃剣で刺されて捕虜になるんだよね。
      石田純一「日本人は死を恐れない。」豪兵「これでもかーー」肩を銃剣でぐさり。

    • _ YOS

      2021年5月13日 at 1:33 AM

      不倫は文化、だもんね。
      おめぇみたいな文化知らんよw

  5. 無力な名もなきひと

    2021年5月13日 at 1:33 AM

    現代社会でも自決の強要はあるよなあ…死んでくれて助かった
    とか聞くの辛いぜ

  6. 『世界の雑学』をゆっくり解説

    2021年5月13日 at 1:33 AM

    □こちらの動画もおすすめ↓

    ゆっくり国解説
    https://youtube.com/playlist?list=PL3jpD74oUhKUa8XRR3i053Aju-8qJ6t1-

  7. 弘充小倉

    2021年5月13日 at 1:33 AM

    そんな歴史があったのか。
    変なテレビを見るより勉強になるわ。
    戦争はしてはいかんのぉ(´・ω・`)

    • COG職員

      2021年5月13日 at 1:33 AM

      戦争をしないで植民地になる方が良かったのかって話ではあるがな。

  8. 山光

    2021年5月13日 at 1:33 AM

    この事件を元にした映画が有った用な気がする
    確か[あの日、僕らの命はトイレットペーパーより軽かった]だったかな

    • s k

      2021年5月13日 at 1:33 AM

      @堤陽 それな

    • mamoru kunio

      2021年5月13日 at 1:33 AM

      その通りです。あれは、カウラ収容所での暴動、脱走事件を題材にしたドラマです。

    • 堤陽

      2021年5月13日 at 1:33 AM

      @おにのテクノロジー 陰謀論者ってやたらと相手に歴史を知らない情弱のレッテル貼るよね、それを指摘したら次は左翼の手先扱いするのがあるある

    • 世界のチーム8

      2021年5月13日 at 1:33 AM

      オーストラリアのドラマ映画でカウラ大脱走てドラマ映画がある。石田純一が兵士役でそいつ視点のドラマ映画。かなり出来がいいドラマだった。

    • K S

      2021年5月13日 at 1:33 AM

      大泉洋の出たドラマですね。サヨクレッテルは?だけど、中園ミホなんで、別レッテルはあるかもしれない。

  9. 胡嶋ミック

    2021年5月13日 at 1:33 AM

    この事件は初見でした。
    犠牲者のご冥福を祈ると共に同じようなことを起こさないよう教訓としなければと思います。

  10. 混沌のぷぅーぷぅー大帝国

    2021年5月13日 at 1:33 AM

    とりあえず日本軍の作戦指針は

    ガンガンいこうぜ
    いろいろやろうぜ

    • 226 YAMMADA

      2021年5月13日 at 1:33 AM

      意外とそうでもないよ
      平時や優勢時は威勢はよいが消極的
      劣勢になると場当たりで消極的自殺みたいな投げやり作戦
      下は優秀で勇敢だったけど
      カウラ事件の下山や牟田口廉也・辻参謀みたいな無能無責任で根は臆病な政治家が上にいたからね

  11. mutuki nana

    2021年5月13日 at 1:33 AM

    「生きて俘虜の辱めを受けず」というのは、中国人の俘虜に対する扱いがあまりに酷く、「そんな目に遭わされるくらいなら、いっそ‥」という理由だと聞いた気がする。

    • 超ハルート推し鬼さんこちら

      2021年5月13日 at 1:33 AM

      凌遅刑とか考えるだけでも鳥肌立つ

    • matatabigohan

      2021年5月13日 at 1:33 AM

      中国兵に捕まると残酷な殺され方をするから。

  12. みかづきよしき

    2021年5月13日 at 1:33 AM

    世界ふしぎ発見で扱っていたな…

    ほんとこんなことがあったのは知らなかった

  13. 飲食界のショーン・コネリー

    2021年5月13日 at 1:33 AM

    @THK LGBTとか同調圧力の産物やろ

  14. バルぱる

    2021年5月13日 at 1:33 AM

    @THK 日本人にのみ見られる物だと仰っていたので、人類が持つ習性であると訂正したかっただけです。日本人がそういう習性を持っていることを否定はしていません。

  15. mamoru kunio

    2021年5月13日 at 1:33 AM

    カウラ事件では、ごく少数の煽り屋が大多数を焚きつけてという形でした。同調圧力と言うと多数側が、少数を暗黙の脅しで従わせることが多いのですが。

  16. THK

    2021年5月13日 at 1:33 AM

    @バルぱる
    同調圧力は例外なく日本人一人一人が持つ習性だという認識のコメント主さんに同意しただけですよ

  17. 野獣洗米

    2021年5月13日 at 1:33 AM

    @THK ポリコレの圧力を見て同じことが言えますか?

  18. 和泉一郎

    2021年5月13日 at 1:33 AM

    確かカウラ収容所は、ガダルカナルの捕虜から始まりニューギニア ソロモン諸島と拡大されたと聞きました。
    当初は陸軍の傷病兵が退院後に集められたが、時間の経過と共に海軍の沈没艦船乗組員捕虜が増えて来たと聞きました。
    陸軍捕虜は意識不明や重傷で捕虜になり、収容所では日々淡々と過ごしたようです。
    一方の海軍捕虜は、艦船単位等の身分以外の結束が残っており、加えて負傷兵も少なく戦陣訓などの話がなされ続けていたらしいです。
    事件前、収容所所長が交代して実戦経験の無い文吏の将校が着任して、日本人捕虜に侮蔑的言動があったとも伝わっています。
    又、事件当日、所長命令で事前に動員があり照明も煌々と照しあげ、正に捕虜収容所を包囲する形態になり、日本人捕虜も対抗心からエキサイトしたと見られています。
    事件時、日本人捕虜は死に急ぎ、当時の豪州人は白豪主義からの差別意識で容赦なく一方的に撃ちまくったと伝わっています。
    話は元駐オーストラリア大使中山氏、オーストラリア人の知己から聞きました。又、日本の出版物にも多少の記載を認めました。

  19. Taka

    2021年5月13日 at 1:33 AM

    他の人のコメントで、古くからの日本人感ってあるけど、実際は明治以降のたった80年ほど(この時点では)の日本人の感覚でしかないのよね。
    よく武士道とか言うけど、日本に武士なんて全体の数%しかいないわけで、本来日本人もどんなに苦しくても生きて行くのが普通だったのに、明治以降の教育ですっかり変わってしまった。

    • あか

      2021年5月13日 at 1:33 AM

      武士道は国際連盟の事務次長の新渡戸稲造が、損得ではなく正しいか正しくないかで行動したりする日本古来の考え方や礼儀として世界に紹介してた気がする。

    • おおくずれ

      2021年5月13日 at 1:33 AM

      @通りすがりの海軍中将
      美学として浸透するのは良いんじゃない?それを基に己の行動を律するというのが社会的に広まればお互いに生きやすくもなろうし。

      問題はそれを拡大解釈したり押し付けたり、その美学通りに為さない事を「ケシカラン」と罵倒する事が主流となった事が問題じゃなかろうか。
      昨今の新コロ騒動もそうだが、「自粛しないのはケシカラン」だとか「感染した輩はケシカラン」と正義面をして私刑を働く者は後を絶たない。ちょっと前のハンセン病患者に対する仕打ちも本質的にはそういうものじゃなかろうか。
      心構えとは自責の問題。それをもって他責を問えると解釈し、他人に攻撃を与えるというのは人権に対する越権以外の何物でもない。しかしこういった事が脈々と受け継がれてるのは、我々は、何も、反省してないんだろう。

    • せんまい刺し

      2021年5月13日 at 1:33 AM

      武士道って言うけどさ、戦国時代のそれは圧倒的にドライだからな。

    • 幕の内

      2021年5月13日 at 1:33 AM

      日本国に軍が存在したことなんて100年も無いんだもんな
      しかも元々国民の9割近くが農民などだもんな

    • 通りすがりの海軍中将

      2021年5月13日 at 1:33 AM

      @Osamu Mazemura 紳士のマナーみたいなもんだよね。
      ああ言うのは上流階級であるが故の誇りや義務、もとい特権意識の正の面でしかないんだけど、それがどうも美学としてだけ浸透してしまったよう。
      実際は武士の「自分は特権階級だから、こうあるのが誇りだよな!」って言う自己満でしか無かったんだから、特権のない庶民が自ら負ってもいいことないんだけどねぇ。

  20. Crazy Christopher

    2021年5月13日 at 1:33 AM

    天皇陛下も訪れてたよな、オーストラリアはWW2であまり注目されないがシドニー湾やダーウィン空襲とかあるしね
    とはいえ白豪主義で米軍の黒人上陸を拒んだりしてたのに日本人には優しいよな、移民政策でも特別扱いされてたし名誉白人ってことなんだろうけど

  21. Tamai Shiori

    2021年5月13日 at 1:33 AM

    大泉洋と小泉孝太郎のやつ前に見たなあ。それまで、この事件のこと一切知らなくて、見てから、なんか普通の戦死よりも辛い出来事だなあって思った。勿論、戦死って言葉自体が辛く悲しいことなんだけどね。

  22. 南雲諒太郎

    2021年5月13日 at 1:33 AM

    ここが何故、日本の海外領土と言われているかというと、
    現地人「日本兵を日本で眠らせてあげたい」→オーストラリア政府「この墓地を日本に割譲します」→日本政府「ありがとうこざいます。お礼に全ての権利権限を放棄し、未来永劫請求しません」→現地人「日本兵の皆さん、ココは日本ですよ…安らかにお眠りください」

    …と、言うとてつもなく優しい思いに包まれた名誉海外領土なのです

    だからココが日本じゃなくなると、現地人の想いが根底から覆されちゃうんですよ

    • 1244ヤマダ(カ)

      2021年5月13日 at 1:33 AM

      アンダーバー

    • mamoru kunio

      2021年5月13日 at 1:33 AM

      カウラ収容所跡地と類似したものが、もう一つあります。第2次世界大戦初期に、シドニー湾へ攻撃に来た特殊潜航艇戦死者への豪海軍の扱い。豪軍司令官は、敵側ながら武勇アッパレと正式な海軍葬をだしました。当事者の母親は戦後、そのことを感謝に訪豪。日本にある墓には今でも、日豪国旗が飾られているとの事。この史実は、『平和への誓約』という題名でアニメーション化されています。https://www.youtube.com/watch?v=voX4Qgugy9I

    • ひろしくん

      2021年5月13日 at 1:33 AM

      中国「ん、そこ空いてんの?じゃあ貰うわ」

  23. 下目黒の子育てしてる人

    2021年5月13日 at 1:33 AM

    事件を初めて知りました。豪州との戦争があったこと自体を知らない日本人も多いようなので、この事件に限らず第二次世界大戦時の日豪の戦争を理解できるような動画も見てみたいものです。

  24. 96100177 thomas

    2021年5月13日 at 1:33 AM

    カウラ事件、むかしドラマ「あの日、僕らの命はトイレットペーパーよりも軽かった」で観た事があります。

  25. ICHIRO SUMI

    2021年5月13日 at 1:33 AM

    合掌

  26. エッソエジソン

    2021年5月13日 at 1:33 AM

    なお、捕虜になった時のことを教育されてなかったので、日本兵はベラベラ情報を喋った模様

    • 堤陽

      2021年5月13日 at 1:33 AM

      そりゃ連合国の兵士から見たら粗末な食事でも補給を受けれない日本軍の兵士からしたらご馳走レベルだから仕方ないね

  27. どうしおーね

    2021年5月13日 at 1:33 AM

    合掌……

  28. Hideki K

    2021年5月13日 at 1:33 AM

    オーストラリアの人々は寛大ですね。これからも良い関係でいたい国ですね。

    • 肖像原田

      2021年5月13日 at 1:33 AM

      ただオーストラリアではソ連や中華民国と共に、昭和天皇の処刑もしくは天皇制の廃止の世論が圧倒的に多く、政府もGHQに働きかけていたのを見ると…
      マッカーサーがいなければ今頃どうなっていたか
      そこまで仲良くしなくてもいい気がします

    • おおくずれ

      2021年5月13日 at 1:33 AM

      @ハピ
      相手の言論を封じるときに「それは白人主義的だ!」と言えば内容に関係なくても何故か反対者が急増して封じる事が出来るもんね。
      “白人主義”を”ユダヤ人迫害”や”LBGT差別”や”女性差別”にしても通る。

    • ハピ

      2021年5月13日 at 1:33 AM

      @_ YOS んで、黒人は基本後方で雑用だったらしい。一部例外の部隊があったようですけど。てか、白人主義などの差別意識って改善というより表立って表明や活動が出来ない社会になっただけだと思うのは私だけかな。

    • _ YOS

      2021年5月13日 at 1:33 AM

      オーストラリアは、1970年代にかなり改善したんです。
      少なくとも戦時中までは、根強く人種差別意識が残っていて、
      一緒に敵である日本と戦うために、アメリカから送られて来た黒人兵士の部隊を「あんなのと一緒にすんな」と激怒して拒否しようとした事件まで有る始末。
      当時のオーストラリアは、黒人をそもそも人間と見做しておらず、徴兵すらしていなかったんですよね。
      戦後もしばらくはその価値観が残って、学校なんかでは「白豪主義」って教えてるので、まぁ調べてみて下さい。

      ・・・気付いた人も居るかもしれませんが、
      アメリカも、白人と黒人の部隊を分けていたんですけどね^^;

    • 酔狂酔狂

      2021年5月13日 at 1:33 AM

      甲標的使ったシドニー湾攻撃で戦死した日本兵を英雄的な軍人として丁重に弔ったりしている一方で、南方に従軍していたリンドバーグの日記には、日本兵捕虜を空輸中の輸送機から突き落としたり、その場で射殺したりと言った虐殺も行ってると書かれてますけどね。
      あと、オーストラリア人は少なくない層が、未だに白豪主義者である点も留意すべきかと。

    • 絶体絶命のピンチ

      2021年5月13日 at 1:33 AM

      アボリジニを自由に殺す権利を認める法律を作って、休日には行楽としてアボリジニ狩りなどというスポーツ殺人を楽しんだとか信じられないよね。虫酸が走るとはこのこと。

  29. ヤマコロク

    2021年5月13日 at 1:33 AM

    初めて知った。勉強になります。

  30. 根室牧場主

    2021年5月13日 at 1:33 AM

    これだけ見るとオーストラリア人は人道的だとの印象をうけるが、イギリスから入植当時はスポーツハンティングとして「アボリジニー狩り」をやっていたんだよね。
    奴隷より酷い扱い、単に撃ち殺して楽しんでいた。

    • UMA MATSUTOMY

      2021年5月13日 at 1:33 AM

      それを言ったら琉球民族、アイヌ民族にやったひどい扱いを棚に上げているのは笑える

    • user 娯楽rom

      2021年5月13日 at 1:33 AM

      入植者とその子供を同列に並べるのはオーストラリア人に失礼

  31. みさと葛城

    2021年5月13日 at 1:33 AM

    日本、台湾、満州の合同収容所らしいので日本だけの作戦なのかな。(´・ω・`)

  32. kg2010gbr

    2021年5月13日 at 1:33 AM

    京都新聞社発行の『防人の詩 南太平洋編』の最後にこの事件についての記載があります。
    投稿主殿の説明通り、当時の日本兵は捕虜になることは恥ずかしいとの考えがありました。収用される際には本名を名乗らず、でっち上げの名前(東郷平八郎など)を名乗った方も多かったそうです。
    そのため慰霊碑にはでっち上げの名前が刻まれ、本当の名前が分からないままカウラに眠っているそうです。

  33. ロンピッツ

    2021年5月13日 at 1:33 AM

    ん?つい最近同じような内容の動画を見た気が・・・

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Advertisement

RSS


Advertisement