Connect with us

News

【上級国民】スギ薬局の会長夫妻が『新型コロナワクチンの優先接種権』を確保していたことが判明…不買運動に発展、株価が暴落してしまう

Published

on

元記事



記事要約

・愛知県西尾市の近藤芳英副市長が、ドラッグストア大手「スギ薬局」を展開する「スギホールディングス(HD)」からの要望を受け、同市に住む杉浦広一会長(70)と妻・昭子相談役(67)の新型コロナウイルスワクチン接種の予約を優先的に確保していたことが11日、分かった。

・申し込みが殺到し、ワクチン接種予約が進まない状況が全国で相次いでいる中、愛知県で公平性を欠く優先予約が行われていた。市によると、今年4月にスギHDの秘書から「高齢者の施設入所者枠で接種できないか」「会長夫妻は薬剤師なので、医療従事者の優先接種ができないか」と、健康課などに繰り返し打診があった。健康課は再三の依頼を断っていたが、最終的に近藤氏と健康福祉部長が相談し、配慮することを決定した。

・中村氏は会見で「現場は通常の働き掛けというより、より強い『圧力』、プレッシャーと認識していた」と述べた。1976年に「スギ薬局」1号店を同市にオープンさせたスギHDは、「創業の地」として1号店の跡地に生活習慣病予防のための運動施設を建設して市に無償貸与。高齢者らの健康や福祉に関する連携協定も結んでいた。近藤氏は「これまでさまざまな形で支援をもらっていて、何らかの形でお返しできないかと思った」と釈明した。

 

この記事の反応


 


これが上級国民ですか…




Continue Reading
Advertisement
Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Advertisement

RSS


Advertisement