Connect with us

News

大阪・茨木市で『ワクチンの接種予約』をするために徹夜で並ぶ高齢者が続出→整理券を前倒しで配布、警察官も駆けつける大騒ぎに

Published

on

元記事



記事要約

・徹夜覚悟の高齢者が殺到し、予約窓口を一転廃止に――。大阪府茨木市は10日、新型コロナウイルスワクチンの集団接種の窓口予約を中止すると発表した。

・この日未明から多くの高齢者が窓口に集まったが、市は前日昼から並ぶ人に整理券を先に配布していた。徹夜で並ぼうとする高齢者の健康面を考慮したというが、10日に訪れた市民は納得できずに抗議。福岡洋一市長が早朝に呼び出され、警察官も駆け付ける騒ぎとなった。

・窓口となった市福祉文化会館(同市駅前4)では、混雑が予想されたことから整理券を配り、その順番に予約を受け付けることに。実際に6、7日はすぐ定員に達した。こうした状況もあり、週明けの10日の窓口予約をするために、9日昼過ぎから人の列ができ始めた。市は高齢者に徹夜で待たせることを避けようと整理券を前倒しで配布。9日午後10時半ごろまでに予定の120人分を配り終えた。このため、10日未明に訪れた市民らからは「なぜもう整理券がないのか」などと苦情が相次いだ。

 

この記事の反応


 


徹夜で並ぶなんて元気ですね…




Continue Reading
Advertisement
Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Advertisement

RSS


Advertisement