Connect with us

Entertainment

インドで「野生のゾウ」が暴れて300本以上の木をなぎ倒す→1本だけ無事な木を発見、その理由が“感動的”すぎると話題に

Published

on

元記事



記事要約

・インド南部タミル・ナードゥ州エロード地区サティアマンガラの町で、5頭の野生のゾウが近くの森で暴れ出した。ゾウたちはクリシュナサミィさん(Krishnasamy)の敷地に侵入し、そこにあったバナナの木を次々となぎ倒していった。

・ゾウの襲撃が一通り終わってクリシュナサミィさんは地元の人たちと被害の状況を確認すると、300本以上のバナナの木が被害を受けたことが明らかになった。たった5頭でここまでの被害を出したとなると、ゾウたちは怒りに任せて暴れていたと想像できる。あたり一面がなぎ倒された木で埋め尽くされ、ほとんどのバナナがダメになってしまった中、1本だけ無傷の木があった。不思議に思い近づいたクリシュナサミィさんは、そこにツバメの巣を発見したのだ。

・巣は木に実ったバナナの房の上に作られており、さらにその中には4~5匹の生まれたばかりのヒナがいた。当時の様子を捉えた動画では、巣が置かれた木の周囲に多くの木が倒れていることが確認できる。300本以上の木を倒して大暴れしたゾウが、偶然この木だけを攻撃しなかったというのは考えにくく、ヒナに被害が及ばないように意図的に配慮した可能性が高い。

 

この記事の反応


 


怒っても我を忘れないゾウ…素晴らしいですね




Continue Reading
Advertisement
Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Advertisement

RSS


Advertisement