Connect with us

News

【朗報】ヤマト運輸が『荷物を配達する順番を通知してくれる』サービスを導入すると発表! 家に来る時間がより正確にわかるように

Published

on

元記事



記事要約

・ヤマト運輸が電子商取引(EC)の荷物を配達する際、受け取り側に配達の順番を知らせる新サービスの今年度中の導入を検討していることが9日、分かった。

・新サービスは、ヤマトが昨年6月に立ち上げたEC商品向けの配達サービス「EAZY(イージー)」で導入。メールや無料通信アプリのLINE(ライン)を使って、飲食店で順番待ちをする場合のように受け取り側に配達の順番を伝え、より正確に荷物の届く時間を把握できるようにする。今年度中に一部地域で実験を始め、サービス地域を広げる考えだ。

・ヤマト運輸の令和2年度の宅配便の取扱量は新型コロナの巣ごもり消費の増加により約21億個と過去最高を記録した。ただ、同時にドライバーの負担も増しており、より効率的な配送も課題だ。阿部氏は新サービスで「EC事業者、運び手、受け取り手の三方良し」を目指すとしている。

 

この記事の反応


 


配達してくれる時間がより正確にわかるのはありがたい!




Continue Reading
Advertisement
Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Advertisement

RSS


Advertisement