Connect with us

Video(Youtube)

【ゆっくり解説】最新型の貨物船が次々とバラバラに!1000隻損傷、200隻沈没など…「リバティ船沈没事故」

Published

on

Continue Reading
Advertisement
54 Comments

54 Comments

  1. 鹿内幸一

    2021年5月7日 at 7:35 PM

    アメリカの良い所は失敗を感情を抜きに理論・科学的に分析して対策を打つところだと思ってます。

    • tuki tora

      2021年5月7日 at 7:35 PM

      逆に感情優先で国策や外交を進める国は惨めになる。何処とは言わんけど。

    • そのなか

      2021年5月7日 at 7:35 PM

      分析や対策はアメリカじゃなくても普通のことです。

    • きんたろう

      2021年5月7日 at 7:35 PM

      @魔術孤島 さん 米国内で行った貿易交渉は日本側の宿泊のホテルに盗聴器が設置、部屋での話題が盗聴され対策を準備されたため交渉ぼろ負けになりましたからね。

    • look glacial

      2021年5月7日 at 7:35 PM

      確か列車が普及しなかったのも

    • nomotoda yo

      2021年5月7日 at 7:35 PM

      @魔術孤島
      ビッグ3の組合が一番の癌だと思うよ。
      実際 今でもカイゼンなどのトヨタ生産方式導入の障害に。

  2. yamane niudou

    2021年5月7日 at 7:35 PM

    「理系、特に工学系に進む人! ”タコマ コメット リバティ”この三つは寝言に出るくらい知っておけ。」
    呪文のように語っていた物理教師を思い出します。

    • コミケン

      2021年5月7日 at 7:35 PM

      風でウネって壊れた橋と空中分解が多発した最初期のジェット旅客機やったっけ?

    • R K

      2021年5月7日 at 7:35 PM

      まぁ……そりゃね………

  3. Miyuki James

    2021年5月7日 at 7:35 PM

    これが更に損傷許容設計から破壊制御設計へ進化すると…

  4. 船木祥啓

    2021年5月7日 at 7:35 PM

    これがのちに軽空母量産という日本では考えられない物量を実現する

    • 剛岩崎

      2021年5月7日 at 7:35 PM

      インチキレベルの物量差

    • ご飯に塩を振ると夕食

      2021年5月7日 at 7:35 PM

      週刊空母…

  5. 黒市川花田平

    2021年5月7日 at 7:35 PM

    リバティー船は、現在でも2隻保存されているんですよね。しかも動態保存・・・。この2隻のレシプロ機関は正常に動作するレシプロ機関では非常に貴重であるため、映画『タイタニック』のロケに使われたとか。

    • R K

      2021年5月7日 at 7:35 PM

      そうなんですよね……アメリカって本当にスケールが違います。日本でも関釜連絡船とかで保存運動が起こりましたが、結局解体されてしまいましたね。
      確か「タイタニック」の撮影時はCGも駆使してより大型のエンジンを動かしている様子を撮影したんですよね。この当たりにしても流石はアメリカだなとおもいますね………

  6. yuki t

    2021年5月7日 at 7:35 PM

    そう言えばYouTubeでシャーマン戦車を積んだ輸送船が沈没している映像を見ましたが勿体無いよね。

    • K Nakano

      2021年5月7日 at 7:35 PM

      2016 年にロシアが1945年3月にバレンツ海で撃沈された輸送船から2台のMAA2(76)を引き上げてレストアしてました(フューリーに出てきたタイプだが足回りが古い、ディーゼルエンジンで76MM砲の後期型はソ連軍専用。)1945年の侵攻作戦でも活躍しており、プロパガン他のため、写真がソ連戦車に改ざんされた、他のレンドリース戦車と違い写真がかなり残ってます。最初の写真ははなぜかBMP流用らしいサイドスカート付きの米軍風になってますが。2018年のパレードにはソ連仕様のマーキングのものが出てきてます(スカートがなくもう一台の方か?)戦後は鉄不足のためスクラップにされたらしいので貴重な実車ですね「。

  7. trom1978

    2021年5月7日 at 7:35 PM

    こんなチートを相手にして、戦おうだなんて…(涙

    • 讃岐のセレナ乗り

      2021年5月7日 at 7:35 PM

      こんなチートを相手にして
      3年保ったんだよ

  8. アルミニウス

    2021年5月7日 at 7:35 PM

    月刊正規空母、週刊護衛空母という半端ない事をアメリカはした
    輸送船ならポンポン作れるだろうな

  9. 麻田稔

    2021年5月7日 at 7:35 PM

    アーク溶接の初期は溶接棒もいい加減
    だったようで針金みたいな棒で
    溶接していたそうです。
    今 溶接の講習に行くと薄板溶接して
    U字に曲げ試験をして綺麗に曲がると
    合格です。

    • R K

      2021年5月7日 at 7:35 PM

      その辺ドイツはしっかりしていたらしい。なお生産力………

    • みんな知ってるかもしれない人.

      2021年5月7日 at 7:35 PM

      溶接後の曲げ試験はアーク溶接特別教育の内容には含まれておらず、JIS溶接技能者検定という別の資格ではないでしょうか

  10. ベンジャミン

    2021年5月7日 at 7:35 PM

    このカイザー氏、この建造方法を使って独自設計の護衛空母を軍の提出して週間護衛空母と呼ばれるペースで建造されたけど、戦後他の空母が改造して使われ続けたのに対して構造の問題から戦後は使われる事なく終わったらしい。
    でも当時は兎に角「数」が求められた時代背景でもあったから一概に問題があったとも言えない。

    • 猫の缶詰

      2021年5月7日 at 7:35 PM

      構造以上にサイズの問題じゃない?
      戦後の大型艦載機を運用する甲板スペースは無いし蒸気カタパルトも装備出来ないし

    • 隼鷹はオレの嫁

      2021年5月7日 at 7:35 PM

      フォード社「B24を一時間で一機作ってます。」

    • 雪空のローレライ

      2021年5月7日 at 7:35 PM

      ゼネラルモーターズ「11週間で100万丁は伊達じゃないぜ」

  11. 八岐之大蛇

    2021年5月7日 at 7:35 PM

    これを現代にやったのがインドネシアの潜水艦改修したお隣さん

  12. 堤内徹

    2021年5月7日 at 7:35 PM

    リベット接合だとできてしまう段差による水流の抵抗と重量の増大を緩和するため、わが国でも軍艦に溶接接合を導入なさったのですが、第4艦隊事件でやり玉にあげられてしまって(いま調べましたら溶接よりも設計当時の波長と波高との比の取り方が甘かった 、とも)
    溶接も気泡なしに綺麗なビートを作るためには結構な熟練がひつようですし(免許要)自動溶接とかやったのかもしれませんけど。
    船員さんの立場やったら攻撃されてないのにパックリポッキリ 船体が行ってしまったら、憤懣やるかたなしでしたでしょうな?Wolfpackよりも強力な支援? Keiser 狙い通り? 優秀な敵にも勝る、畏怖すべき無能な味方?
    うぽつでございます。いつも有難うございます。(`・ω・´)ゞ

  13. 大いなる和

    2021年5月7日 at 7:35 PM

    半端な溶接は色々と怖い
    (溶接のテストでポッキリ折った経験あり)

    大和型を鋲と溶接で作り上げたのはとても理にかなってるな…

  14. poison03218241

    2021年5月7日 at 7:35 PM

    鋼の低温脆性とか、切り欠きの応力集中、など機械屋ならどこかで引き合いにでた話を聞いたことがあるだろうリバティ船ですね
    タコマ橋崩壊事故とかとだいたいセットです

    • ゼロツー

      2021年5月7日 at 7:35 PM

      構造力学の授業だと必ず聞く話ですね。タコマ橋は構造以外にも空力系の授業でよく聞きます。

    • iidukafly

      2021年5月7日 at 7:35 PM

      中国のタコマ橋にように揺れてる橋はどうなったか知りませんか?

  15. R Komaki

    2021年5月7日 at 7:35 PM

    結構動画拝見させて頂いておりますが…
    今更ながら、チャンネル登録させて頂きます*_ _)ペコリ

  16. mutsuhito mihara

    2021年5月7日 at 7:35 PM

    Uボート艦長「む?貨物船が割れてる?僚艦が攻撃したのか?」

  17. ねずみ色の猫

    2021年5月7日 at 7:35 PM

    どこの国でも粗悪戦時標準型の大量生産をしていたんですね。みんな考えることは同じ。

    • tevalley luckman

      2021年5月7日 at 7:35 PM

      規模の大きい戦争程、戦略的な効果の大きい輸送機械の力が勝敗を分けます。
      輸送船、輸送機もそうですが、攻撃兵器として有名な爆撃機や空母も一種の輸送機械です。

      アメリカはそれをよく知っているからこそ、欠陥の修正もそこそこに大量輸送という目的に符合したリバティ戦の量産に懸命だったのでしょう。

  18. 自転車操業。

    2021年5月7日 at 7:35 PM

    走ルンです。も真っ青w

  19. 山口正

    2021年5月7日 at 7:35 PM

    簡易構造の大量生産で、粗製乱造になりました。
    溶接も溶け込み不十分だったかも知れません。
    ( 戦時中で電力が安定していなかったことも、考慮されます。)

  20. 猫の缶詰

    2021年5月7日 at 7:35 PM

    それでも当時一万トンクラスの輸送船をポンポン作れる米帝パネェ

    • R K

      2021年5月7日 at 7:35 PM

      正規空母も月一で出てくるんだもんなぁ…………

    • 剛岩崎

      2021年5月7日 at 7:35 PM

      輸送船どころか空母もポンポン作ってくるから
      ブロック工法使い1年で50隻のカサブランカ級護衛空母(週刊空母)建造

    • 山本熊一

      2021年5月7日 at 7:35 PM

      疲れてるのかな?それともドラゴンボール関連動画を見た後だからかな?
      一瞬「トンクラス」が「トランクス」見えた。

  21. 武藤康弘

    2021年5月7日 at 7:35 PM

    戦時急造だから究極的に戦争中だけ持てばいいからね。

  22. 小野浩志

    2021年5月7日 at 7:35 PM

    戦闘よりも自然崩壊で失われたとはお粗末過ぎ(;^ω^)

  23. Cat Q

    2021年5月7日 at 7:35 PM

    破壊力学、溶接工学、材料力学、地味かもしれないげど興味がある人は是非勉強してみては。
    応力集中係数、応力拡大係数、切り欠き係数、、、私は好きですよ

  24. 法春

    2021年5月7日 at 7:35 PM

    その割に某Uboatゲームでは、なかなか魚雷1発では沈んでくれないんだよなぁ・・・

  25. goro -yoko-teto

    2021年5月7日 at 7:35 PM

    1/3の確率で不良船に当たるって怖いな・・・

    • R K

      2021年5月7日 at 7:35 PM

      なお日本の標準船は………

  26. Mao

    2021年5月7日 at 7:35 PM

    何年か前にリバテイ船を救助に行く映画やってたね

  27. クジラマッコウ

    2021年5月7日 at 7:35 PM

    戦時急造艦だし使われなくなったリバティ船はスクラップにされたか戦後一部で使われる程度だからこれくらいの犠牲はあっても別に大丈夫だった

    むしろ中盤のUボートの方が酷かった

  28. 森本視照

    2021年5月7日 at 7:35 PM

    日本に轟沈型あればアメリカにリバティ船あり⋯か

  29. aq 298176

    2021年5月7日 at 7:35 PM

    2  7  0  0  隻 !!!!!!!!!

  30. atsu5656

    2021年5月7日 at 7:35 PM

    BGMが切な過ぎる

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Advertisement

RSS


Advertisement