Connect with us

News

【悲報】炎上して中止になった「ノーマスクピクニックデー」、一部の過激派が『ネオ・全国同時ノーマスクピクニック』を強行してしまう

Published

on

元記事



記事要約

・「全国同時ノーマスクピクニックデー」が4月中旬、ツイッターを中心にしたSNSで拡散。コロナ禍での迷惑行為として大炎上した。発起人は中止を発表したが、一部に強行する動きがあり会場となった公園は困惑。実施日は警戒を強めるとした。

・発起人の中止発表で、ゴールデンウイークの混乱は回避された…に見えたが、呼びかけに賛同する人が当初告知されていた日時・場所に集まり、予定通りノーマスクピクニックを開催し、参加しようという動きがある。前日となった4月30日までに、SNS上で「ネオ・全国同時ノーマスクピクニック」「参加します」などと表明する投稿があった。

・“大阪会場”となった大阪市の大阪城公園内を管理するパークセンターの担当者は、SNSなどで不穏な動きをすでに把握。集合場所となったエリアを「警戒はします。予測と、気をつけておこうということです」と話し、職員の見回りのほか大阪府警にも相談するとした。

 

この記事の反応


 


わざわざ集まらなくてもいいのに…




Advertisement

RSS


Advertisement