Connect with us

Video(Youtube)

【ゆっくり解説】独自の感性が炸裂!?ソ連時代の飛行機、爆撃機について解説Commentary on Soviet-era airplanes and bombers

Published

on

#ゆっくり解説 #ゆっくり #ソ連 #旧ソ連  #中国 #航空機 #ボーイング # 冷戦
#珍機 #輸送機

今回は、ソ連時代の飛行機、爆撃機についての解説です!
性能、デザインを含めて非常にバラエティに富んだ飛行機が誕生しては
消滅していました!
是非最後までご覧ください!

チャンネル登録、高評価、コメントをよろしくお願いします!

メンバーシップでは限定動画を配信しています。登録よろしくお願いいたします。
https://www.youtube.com/channel/UCV06zQck_LMS46WodzXN46g/join

韓国航空業界の闇~繰り返される不可解な事故に共通してみられる原因とは~
【航空業界の闇シリーズ】





劣化版コピーの自慢は過去のもの!?中国航空事情
https://youtu.be/VGNGsbDXwNk

床が陥没しても営業継続!?三豊百貨店崩壊までの全貌について解説!!
~韓国建設業界の闇 vol.3~





闇過ぎた韓国GP





☆コンコルド〜航空界の失敗作【しくじり乗り物】





セウォル号沈没についてはこちら





twitterはこちら  新しい動画の予告も配信しています。

【あらすじ】

大きいことは良いことだ

さて最初はロシアらしい大きなサイズの飛行機を見ていくとするぜ!カリーニンK-7って知ってるか?
実際、この翼の中を客室にして120人も乗せる計画だったらしいぜ。巨大なレシプロエンジンを6発も搭載したのにそれでも出力不足でさらに7つ目のエンジンを後部に追加したんだ。
とにかく前輪と後輪もひとまとめにしちゃってだな、巨大なカバーをかぶせて、補強用のトラス支柱をどんどん追加して…
次はK-7とほぼ同じ時代のツポレフANT-20。なんと幅は63メートル。完全にボーイング747サイズだぜ。こいつもまた6発エンジンでは出力不足で背中に2基のエンジンを増設だ。
正体は共産党スローガンの宣伝機なんだぜ。ラジオ放送局や巨大なスピーカーで空中からプロパガンダをしようとしていたんだ。いや、この巨大な機体の存在そのものがプロパガンダだな。
1年後の宣伝飛行でウケを狙い過ぎて、随伴の小型機がアクロバットやったら空中衝突して墜落だ。どうやら調子に乗り過ぎたようだな。その後に改良型の旅客機タイプが作られることになったがな
次は世界最大のヘリコプター・ミルV-12だな
これは大陸間弾道弾を運搬するように作られたんだぜ。国土が広い上に陸上交通網が整備されていないという事情があるからだな。だが、結局操縦が難し過ぎるという事で量産されなかったぜ。
サイズに限らずしくじりのスケールも素晴らしいわね

バラエティ豊かな爆撃機
次のTu-95ベアは傑作機中の傑作機として名高いぜ。1952年の初飛行から未だにバリバリに現役だからな。70年選手だぜ。
大型のターボプロップ機なんだが、プロペラ機にもかかわらず何と900キロ以上もの速度が出せて燃費も良いから航続距離も長い優秀な爆撃機なんだぜ。
さてこっからはどんどんいくぜ!次はソ連初のジェット爆撃機Tu-16バジャー。こいつも良く日本に飛んできていたな。中国始めいくつかの国ではまだまだ現役だぜ。
なんとなくこの野暮ったい感じがいかにもソ連の飛行機って感じね。そこが萌えるけど。
次は高速化を狙ったTu‐22ブラインダーだ。こいつはソ連機にしては流麗なデザインでファンの多い機体だぜ。
背中に二基エンジンを搭載しているのね。確かに美しい形をしているわね。
当時としては驚異的な高速性能を持つ機体だったんだが、爆撃機として大切な搭載能力や航続距離が足りなくて失敗作と言われているんだぜ。
次は、それまでよりも更に高速を狙ったM‐50バウンダーだ。
結局お蔵入りになってしまった、と。大体魔理沙が次に言いそうなことがわかってきたわ

でも実はこの機体、わざわざ航空ショーに送り込んでアメリカにハッタリを仕掛けたんだぜ。
アメリカはかなり慌ててだな…「M‐50って実は原子力飛行機なんじゃね?」って噂話で持ち切りになるほどだったんだぜ
Tu-119原子力飛行機だな。Tu-95ベアの胴体内に本物の原子炉を搭載してテスト飛行をしていたんだが
確か、放射能遮蔽がメチャクチャいい加減だったとかで
そしてソ連爆撃機の最高峰、T-4だぜ。マッハ3というとんでもない速度の超音速爆撃機だ。
マッハ3ともなると空力加熱が凄まじくて普通のアルミ合金では無理なんだ。だからこいつは全身チタン合金で作られたバケモノなんだぜ。それに色々な仕掛けがある飛行機で、離着陸時にはコンコルドのように首が折れ曲がって前方視界を良くするんだぜ。チタン素材の鈍い輝きとか可変機構とかこれは個人的にはお気に入りの飛行機なんだがな…
カスピ海の怪物

さていよいよソ連機の真骨頂、エクラノプランだ。通称「カスピ海の怪物」と呼ばれる機体だぜ。全長100メートル、重量は500トンを超え、水面スレスレを500キロの速度で疾走するんだぜ。
地面効果と呼ばれる現象だぜ!地面や水面スレスレを飛行すると翼の性能が格段に良くなるんだ。だから小さな翼でも500トンも載せて浮き上がる事が出来るんだぜ。
そう、船として考えれば猛烈なスピード、飛行機として考えればまるで船みたいな搭載能力を持ったマシンだ。実際に大型の対艦ミサイルを6発も背中に搭載しているんだぜ
ソ連はこの地面効果機になんと垂直離着陸性能まで持たせたんだ。このVVA-14は潜水艦ハンターとしての攻撃機だったんだ。ヘンテコな形なんだがこれでも飛行テスト済みなんだぜ。まあ結局、この機体もエンジンの開発が間に合わないうちに開発者が亡くなってしまってプロジェクトが頓挫してしまったんだがな…
Mig-105のことだな。宇宙往復機の実験用の機体ってのが正解だな。これを開発していた1970年代は結局テスト飛行だけで終わっているから、実際には宇宙に行っていないんだぜ。
ソ連でも全く同じように実用化されたのはこのソ連版スペースシャトルのブランだけだ。いつものお約束、スペースシャトル丸パクリの設計だぜ。
プロジェクトは成功したんだが、予算不足でなかなか有人飛行の段階に行かないうちに1991年のソ連崩壊を迎えて、あっけなく計画も消滅だ。
アメリカのスペースシャトルも747が背中におんぶしてたけど、こっちは機体のスケールが段違いね。
この250トンという類を見ない搭載能力を活かして今では、他の機体では運べないような大型の貨物を輸送する任務で引っ張りだこなんだぜ。
そして究極のおそロシア飛行機が、同じくブランのロケットを運搬する為に改造されたこのVM-Tだ。巨大なコンテナを背中に乗せてマジで飛んでいたんだぜ。なんせ飛行機の胴体直径よりもはるかに大きなコンテナだぜ。もうこうなるとどっちが本体なのか分からないぜ。
輸送機は元々は1950年代のM-4バイソン爆撃機なんだ。で、20年以上放置されていたゴミ同然の機体を魔改造してしまったんだぜ。

Continue Reading
Advertisement
57 Comments

57 Comments

  1. アタシノワダイ

    2021年4月18日 at 1:33 PM

    悩みぬいて深夜にウォーッと描いた奴を、朝見直さず封をして提出して作る事になった感

    • 1910 m1911

      2021年4月18日 at 1:33 PM

      深夜 カリーニン「ひゃーっ!良いのが描けたぜぇ!
      早速設計局に持ってってやるぜぇ!(深夜テンション)」

      制作当日 カリーニン「なんだこの図面…(賢者)」

    • 大鳳可愛いぃ

      2021年4月18日 at 1:33 PM

      すき

  2. Crazy Christopher

    2021年4月18日 at 1:33 PM

    ソ連は変なものもたくさん作ってるけど結果も出していて、なんだかんだドイツの科学者を取り込んでアメリカと競争してた重工業国家だったんだよなぁ

  3. Mann Schnee

    2021年4月18日 at 1:33 PM

    8:55 EVAという女がこれを使ってアメリカに脱出していたね
    10:06 ムリーヤ君、電車もラクラク運べるとか頭おかしい()

    • Tetsuokun【雪民】

      2021年4月18日 at 1:33 PM

      電車を運んだのは(少なくとも日本に運んだのは)一回り小さいAn-124ルスラーンではありますがそれでも西側よりデカい・・・

    • 1910 m1911

      2021年4月18日 at 1:33 PM

      @Mann Schnee
      そうそっちです。
      ちなみにVVA-14君は垂直離着陸用にリフトジェットエンジン
      を搭載しており、
      非 常 に 燃 費 が よ ろ し く な い
      エクラノプランだそうです。
      …エクラノプランって燃費が良いはずでは?

    • Mann Schnee

      2021年4月18日 at 1:33 PM

      @1910 m1911  あ、ベリエフの方ね。

    • 1910 m1911

      2021年4月18日 at 1:33 PM

      @Mann Schnee
      そっち(ルン級)じゃなくてVVA-14のほうです

    • Mann Schnee

      2021年4月18日 at 1:33 PM

      @1910 m1911  ¨カスピ海の怪物¨のことかな?

  4. アメリカ合衆国

    2021年4月18日 at 1:33 PM

    ソ連の航空機はいろんな意味で浪漫の塊

    (憧れてるとは言ってない)

    • 1910 m1911

      2021年4月18日 at 1:33 PM

      たまに憧れてるだろ!いい加減にしろ!(人工衛星)

    • mstk

      2021年4月18日 at 1:33 PM

      メリケン氏渾身の皮肉かな

  5. 1910 m1911

    2021年4月18日 at 1:33 PM

    確か、K-7の胴体が折れた原因は、
    「フラッター」といって、旗がはためくように、
    空気の流れによってガタガタと振動を起こす現象で、
    これによる振動で胴体がちぎれたそうな…(恐怖)
    あとソ連航空機はみんなかっこいい(語彙力)

    • 1910 m1911

      2021年4月18日 at 1:33 PM

      @satoshi mori
      カリーニン「う、嘘だろ…ガチガチに補強したのに…」って
      かんじでしょうね。

    • satoshi mori

      2021年4月18日 at 1:33 PM

      @1910 m1911 それそれ!当時は振動解析とか無かったから判らなかったんでしょうけど、強くなる方向の改造で振動増えるとか謎だったのでは。

    • 1910 m1911

      2021年4月18日 at 1:33 PM

      @satoshi mori
      補強どころか、頑丈にするべく短くしたら、胴体の長さが
      フラッターと共振する長さになってて、フラッターと共振の
      悪魔みたいなコンボが発生したというね…

    • satoshi mori

      2021年4月18日 at 1:33 PM

      共振したらしいですね。原因が判らず、ひたすら補強してたとか。

  6. neko mimiz

    2021年4月18日 at 1:33 PM

    アントノフ225は部品を採られ草ヒロからフェニックスの様に復活したよ。

  7. 【ゆっくり解説&茶番】桜花ゆきとチャンネル

    2021年4月18日 at 1:33 PM

    珍兵器ってどこの国にもあるんですな

    • tomo 鉛筆ーmin

      2021年4月18日 at 1:33 PM

      @1910 m1911

      ふう

    • 1910 m1911

      2021年4月18日 at 1:33 PM

      @tomo 鉛筆ーmin
      エッチなのはいけないとおもいまふぅ…

    • 1910 m1911

      2021年4月18日 at 1:33 PM

      ほぼ全国にあるからな…(大百科を見ながら)

    • tomo 鉛筆ーmin

      2021年4月18日 at 1:33 PM

      @野間ゆかり う、うわぁ…

    • 野間ゆかり

      2021年4月18日 at 1:33 PM

      おい!
      アイコン

  8. mstk

    2021年4月18日 at 1:33 PM

    かなり画期的かつ高効率なのを幾つも開発するも、操縦困難、高価過ぎたりとまぁ非現実的な結果でお蔵入りになったが現実味を帯びたらアメリカ氏クッソビビるな

  9. 穂ノ凛

    2021年4月18日 at 1:33 PM

    ソ連時代の素晴らしい感性といえば、イリューシン62だな。T字尾翼、リアエンジンで、4発機。浪漫しかない。そしておっきいお尻で尻もちしないように、駐機している間は足をもう一本付けるとくる。

    • 凶太郎

      2021年4月18日 at 1:33 PM

      IL62に乗って冬季シベリア上空を飛行したら、降下時に機内内側に付いた霜が溶け出して機内雨漏り状態になったことあったな。

  10. 1910 m1911

    2021年4月18日 at 1:33 PM

    アトラント(VM-T)君、4重の安定装置があるのに
    安定しないとかミャスチエフ君頭おかしい…

  11. MrDogpapa

    2021年4月18日 at 1:33 PM

    Tu-95の民間航空機型は、アエロフロートが鶴丸マークを付けて、モスクワ‐東京のコードシュア便で飛んでいた時代もある。
    二重反転プロペラの最近の作品は、ウクライナのアントノフAN-70とか。

  12. ただのくるまずき

    2021年4月18日 at 1:33 PM

    凄く、大きいです。

  13. Master Over

    2021年4月18日 at 1:33 PM

    ジェット機は空力学無視で飛べるからエンジン出力さえ出れば何でも詰める

    • Master Over

      2021年4月18日 at 1:33 PM

      @1910 m1911 エンジン1機になっても離着陸出来る事をお忘れか?
      試作機は何かの欠点や時代背景、コストなどの色々な事で採用されなかったからなんとも言えないが…
      ロシアには頑張ってSu-47を復活させてもらいたい

    • 1910 m1911

      2021年4月18日 at 1:33 PM

      そうでもないだろ!いい加減にしろ!(散っていった
      試作機達を見ながら)

  14. せみしぐれ

    2021年4月18日 at 1:33 PM

    飛行機を巨大ヘリで運んでる国…

    • Kくん

      2021年4月18日 at 1:33 PM

      あれかw

    • のぐちはじめ

      2021年4月18日 at 1:33 PM

      ヘリをバカでっかい飛行機に積んで運ぶもんね。

  15. surge

    2021年4月18日 at 1:33 PM

    確かに北海道の道路ってかなり状態良くないですよね

  16. Nora-neko 2856

    2021年4月18日 at 1:33 PM

    ソ連製とか純度100%のロマンの塊

  17. 蟷螂のかっきー

    2021年4月18日 at 1:33 PM

    国土がデカイと作る飛行機もでっかくなる説(

    • 1910 m1911

      2021年4月18日 at 1:33 PM

      最  有  力  説

  18. 栗原馨織

    2021年4月18日 at 1:33 PM

    ようしらんけど、SUー22が脅威なイメージで報道したり
    航空・軍事情報誌でかかれてましたね。
    威嚇飛行してたからかな・・・

  19. takahito suzuki

    2021年4月18日 at 1:33 PM

    5:25 ヘリコプターでも二重反転式を採用してますね。カモフ設計局のヘリだったと思います。

    • 1910 m1911

      2021年4月18日 at 1:33 PM

      しかも、そのヘリコプターを載せる艦も専用格納庫を
      持ってるというね…(二重反転は基本的に背が高い)

  20. 凶太郎

    2021年4月18日 at 1:33 PM

    シロートを操縦席に座らせて急速浮上してやらかしたアメリカ軍の潜水艦を彷彿とさせますね。

  21. あぁあ

    2021年4月18日 at 1:33 PM

    珍珍非行気

  22. ナカタニトシオ

    2021年4月18日 at 1:33 PM

    だからソ連機って好き❤️

  23. yah yah

    2021年4月18日 at 1:33 PM

    ソ連製飛行機って盛大なフラグにしか聞こえない

    • 1910 m1911

      2021年4月18日 at 1:33 PM

      盛大なフラグ(不細工な粗大ゴミorイケメンなバケモノor
      不細工なバケモノ)

  24. ビョウビョウソラジ

    2021年4月18日 at 1:33 PM

    1:19 B-2 Spirit(全幅:52m)「!?」

    • 1910 m1911

      2021年4月18日 at 1:33 PM

      なお、K-7、ANT-20共に翼の厚さがヤバく、翼の内部を
      人間が歩ける程のスペースがある模様(恐怖)
      まぁ、そのおかげであの巨体を超低速飛行させることが
      できるんだけどね
      (当時はまだフラップが実用化してない)

  25. Kazumasu Ishikawa

    2021年4月18日 at 1:33 PM

    おつです。意外とソ連時代にやっちゃってますね、あの国。
    けど、大型輸送機と考えれば、最後のは非常に良い機体。
    燃費もそこそこなら、悪くない。メンテをしっかりやればずっと現役で使えると思う。

  26. tomo 鉛筆ーmin

    2021年4月18日 at 1:33 PM

    地面効果翼機を解説してくださってありがとうございます‼️

  27. 蛸でござります

    2021年4月18日 at 1:33 PM

    ソ連の飛行機ってたまにカッコいいのもあるよね。戦闘機でもMig-25とかF-4時代にF-15みたいなデザイン先取りだし。
    ムリーヤ見てると、なんとなく深山を想起しちゃう。ムダな大きさとか2枚の垂直尾翼とか機尾の持ち上がりとか・・・。

  28. 田口創介

    2021年4月18日 at 1:33 PM

    霊夢その顔で終わるんか、笑

    解説の時のBGMについて教えていただきたい

  29. abbtk14

    2021年4月18日 at 1:33 PM

    西側が後退角の付いた超音速プロペラを研究していた頃に、ソ連はピッチ角の大きい幅広プロペラをゆっくり回すという方法で亜音速飛行を実現しちゃったんですよね。今現在も部分的とはいえ西側をしのぐ学問や技術力を持っていて、本当に不気味な存在です。

    • 1910 m1911

      2021年4月18日 at 1:33 PM

      アメリカ「プロペラの羽をクッソ速く回転させても推力
      生むようにしました」(なおポシャった模様)
      ソ連「デカいプロペラいっぱい付けてゆっくり回して
      みたwww」(Tu-95)
      アメリカ「!?!?」の流れほんとすこ

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Advertisement
Video(Youtube)2時間 ago

じぃじのコップに食いつく1歳児

Video(Youtube)2時間 ago

【トップクラスの人気を誇るガンダム】ZGMF-X10A フリーダム 〜Freedom Gundam〜【ガンダム解説】

Video(Youtube)5時間 ago

『櫻井・有吉THE夜会』 櫻井&有吉の「夜会ハウス」櫻井&二宮 2人だけのお家トーク!!【TBS】

Video(Youtube)5時間 ago

【遊戯王】 ついにカード化! 無限ドローコンボも!? 『輪廻独断』 【ゆっくり解説】

News5時間 ago

孫正義社長「ワクチンひとつとっても怒り狂うことはいっぱいある」「ファックスでPCR検査のやりとりをするとか恥ずかしくて話にならない」

元記事 記事要約 ・「ワクチンひとつとっ...

Entertainment6時間 ago

【朗報】ついに「水」と「空気」だけで『ウォッカ』を作り出すことに成功…二酸化炭素を使用するため「環境問題」も解決できてしまう

元記事 記事要約 ・空気から新たな飲み物...

News11時間 ago

【新型コロナ】京都で『基礎疾患のない20代男性』が自宅療養中に死亡…複数回にわたって入院を希望したが認められず

元記事 記事要約 ・京都市は12日、基礎...

Game11時間 ago

【縦マルチ】『BF6』は旧世代機版も発売されると発表! 喜びと心配の声が多数…「PS5買えないからありがたい」「性能足りるのか?」

元記事 記事要約 ・コンソールとPC向け...

News11時間 ago

【悲報】充電器やモバイルバッテリーで有名な『AUKEY』製品がAmazonから突然消滅…原因は「サクラレビュー」か

元記事 記事要約 ・5月に入ってから、A...

Video(Youtube)14時間 ago

TWICE JAPAN 8th SINGLE『Kura Kura』発売記念イベント

RSS


Advertisement