Connect with us

Entertainment

『火星に虹がかかる』写真が公開されて世界が騒然→NASA幹部「絶対に虹ではない」その正体が衝撃的だった…!

Published

on

元記事



記事要約

・「火星の地表で虹の撮影に成功か」と、アメリカ航空宇宙局(NASA)が公開した写真が世界中で話題になっている。その意外な正体が明らかになった。火星探査車「パーサビアランス」は2月に火星のジェゼロクレーターに着陸して、探査を続けている。

・地球に比べると非常に薄い大気しかないはずの火星で虹が出現したのだろうか。NASAの公式見解はなかったが、世界中のSNSで話題となり「雲の中の氷の結晶に反射した結果だ」「大気中のチリが原因だ」などと推測する声が相次いでいた。

・シェパード博士の取材に、NASAの太陽系探査計画を指揮するデイブ・ラベリー氏は「絶対に虹ではない。カメラレンズの内部反射だ」という見解を示したという。「探査車はヘリコプターのほぼ真北にあるため、これらの写真が撮影されたのは火星の現地時間午後2時。カメラはほぼ真っ直ぐ南を向いている」とラベリー氏は指摘した。これらの条件は、カメラ内部で反射光が生じやすいという。

 

この記事の反応


 

ただの「レンズの反射」だった!ちょっとワクワクしてたので残念。




Continue Reading
Advertisement
Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Advertisement

RSS


Advertisement