Connect with us

News

【炎上】甲府市幹部「なるべく異性と遊んでほしい。そうすれば少子化は少しでも解消する」→批判が殺到、発言を謝罪・撤回へ

Published

on

元記事



記事要約

・山梨県甲府市で行われた中小企業の合同入社式の中で、甲府市の産業部長が「なるべく異性と遊んでほしい。そうすれば少子化は少しでも解消する」などと発言しました。部長は、「発言は不適切だった」として謝罪し、撤回しました。

・合同入社式に来賓として出席した甲府市産業部の志村一彦部長は、仕事だけでなくプライベートも充実させてほしいという趣旨のあいさつの中で「なるべく遊んでいただきたい。遊ぶのも男性同士、女性同士じゃなくて、楽なんですけどね、気持ちとしてはなるべく異性と遊んでいただければと思います。そうすることで少子化が少しでも解消されると思いますので」と発言しました。

・さらに「男性のほうにはお願いなんですけど、ジェンダーフリーとか、男女共同参画とか言われていますけど、遊びに行くときには男性のほうから誘っていただければと思いますので」と続けました。個人の自由である交友関係や出産、それにジェンダーへの理解を欠いた発言ともとれます。

 

この記事の反応


 

余計なお世話ですよね。




Continue Reading
Advertisement
Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Advertisement

RSS


Advertisement