Connect with us

News

武漢の看護師が新型コロナに関する隠ぺいを告白!武漢市の病院で隠されていた真実がヤバい…

Published

on

元記事



記事要約

・武漢で発生した新型コロナについて、上層部から「家族にSARSの事を言わないように。伝えるにしても例えばSARSなどの敏感な単語は使わず、インフルエンザが流行っている。そう伝えなさい」と指導された

・「あなたたちにはきちんとした医療常識が必要である。ベテランの医師はこのようなことでパニックを起こしてはならない。ヒトヒト感染などなく、この肺炎は防げるし、治せるし、コントロールもできているのだから」と咤を受けた

・「あの頃、うちの病院で口封じなどをせず、きちんと外に情報を提供して、みんなで防護意識を高めていればこんな事にはならなかったと私は思います。」と後悔。

この記事の反応

 

何事も真に受けてしまうのは良くありませんよね…。




Continue Reading
Advertisement
Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Advertisement

RSS


Advertisement