Connect with us

News

ロシアで『日本のインスタントコーヒー』が大流行?→その理由は新型コロナウイルスが深く関係していた!!

Published

on

元記事



記事要約

・日本産の意外なモノが世界で人気を博している。農林水産省が公表している「農林水産物輸出入情報」には約200品目の輸出品のデータが記載されているが、個別品目で対前年比の伸びがもっとも高かったのは、なんとインスタントコーヒーだった。

・2020年のロシア向けインスタントコーヒーの輸出量が前年比で118.3%だったUCCホールディングスは、ロシア国内のコーヒー事情について同社の担当者は以下のように説明してくれた。「ライフスタイルの変化に伴いコーヒー文化が国民生活に定着しつつあることを背景に、おいしいコーヒーに対する需要が高まっています。2010年から2019年までの9年間で生豆輸入量が年平均成長率8.4%と増加で推移しています。」

・世界各地の最新情報を網羅したトリップアドバイザーを見ると、モスクワのカフェ・ 喫茶店は1629軒と記載されている。スタバもあれば地元の独立系カフェもあり、若い世代を中心に人気となっている。ロシアでも飲食店の営業停止、外出自粛などの措置が取られたことで、内食志向が高まり、それがインスタントコーヒーの需要増につながったとみられている。

 

この記事の反応


 

海外のインスタントコーヒーってあまりおいしくなさそうだからね…日本のものは人気出そう。




Continue Reading
Advertisement
Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Advertisement

RSS


Advertisement