Connect with us

Game

【感動】サイレンススズカ、20年前に幻となった悲願の1着をゲームで実現する

Published

on

元記事

 

記事要約

・沈黙の日曜日

沈黙の日曜日とは、1998年11月1日東京競馬場第11レースで発生した故障事故である。
1枠1番に入ったサイレンススズカは単勝1.2倍の断然人気に推された。当時、ファンは勝ち負けではなく、どんなペースで逃げて、どれだけ強い勝ち方をするのかに注目していたほどである。好スタートから快調に飛ばすサイレンススズカは1000mを57秒4の超ハイペースで通過。3コーナーで2番手に10馬身、さらに3番手に5馬身と大きく差をつける大逃げの展開にスタンドのファンは大きく沸いた。しかし、4コーナーでサイレンススズカは突如失速し、そのまま競走中止。競馬場は悲鳴に包まれた。レース後、左前脚の手根骨粉砕骨折が判明し、予後不良の診断。最強快速馬は早すぎる死を迎えた。

この記事の反応

 

現実では実現しなかった1着をゲームで再現。思わず涙が出そう。

 

Advertisement

RSS


Advertisement