外食で処分された幕内阿炎の処分に堀江貴文が物申す「異常なレベルの処分」議論は賛否両論飛び交う事態に

堀江貴文_阿炎

幕内「阿炎」が外食によって処分される

 東前頭5枚目・阿炎(26)=錣山=が7日目より休場した。NHKで解説を務めた師匠・錣山親方(元関脇・寺尾)が明らかにした。

この日、幕内土俵入りに姿のなかった阿炎。錣山親方は「お客様と会食に出たため、大事を取り本日より休場します」とし、発熱などの症状ではないことも説明した。弟子の問題行為に「こういう時期に軽はずみな行動をしてしまい、申し訳ございません」と謝罪した。

阿炎は6日目終了時点で、3勝3敗。この日、対戦予定だった関脇・御嶽海(27)=出羽海=は不戦勝となり、全勝キープ。あすの取組は割り返しとなる。

日本相撲協会は新型コロナウイルス感染予防のガイドラインを定めており、その中では、「不要不急の外出を自粛する。近隣以外への緊急な外出や必要な外出は、師匠が協会に相談した上で行う」としていた。阿炎、会食発覚で強制休場 師匠・錣山親方「こういう時期に軽はずみな行動」と謝罪

この処分の内容に堀江貴文が反論

堀江貴文のツイートに賛否両論の意見が分かれる

異常とは思いません。

これで周りに感染者を出してしまえば今度こそ阿炎の力士生命が断たれます。

後からバレたときのことを思えば、この対応が最善だと思います。

相撲協会のコロナ感染防止ガイドラインに抵触してしまっているのです。
少し厳しいかもしれませんがこれをなあなあで見過ごしたらガイドラインの意味がなくなってしまうので仕方ない処分なのかもしれません。

会社員の立場からするとコロナという病気よりもコロナに感染することによる社会的なインパクトを警戒してるんだろうなと。感染が発覚しその時の行動が明らかになると過剰なバッシングに晒される。それを警戒するためにルールを厳しく運用することとなってしまう。
いくら世間様を敵に回しては成り立たない業界とは言え、重過ぎる罰ですね。
法を犯したわけでもないのに…

世の中に外出自粛の流れ作るための大きな圧力がかけられてると疑いたくなるレベルです。

ただの愚かな判断であればまだいいのですが…

相撲界は常に異常だから驚かない!

多くの人は気づいているよ。コロナなんて、大したことない、インフルエンザと同じじゃないかって。そして、場合によっては、コロナを口実に、好き勝手できて、便利だなってことも。
オリンピックに合わせて全選手や関係者をPCRするとか話が出てるし、スポーツ選手は何がなんでもコロナになる訳にはいかない雰囲気を出されてますね。
でもインフルなら許されるでしょうね。
自由などない。
法治国家で何やってんの??
メシも行けないの??
同僚数人とコンビニ行くだけでも文句言われそうじゃん、、。

わー凄い。
お食事会も駄目なんですね…

人間やめましょうってことに近いのでは。
一人でコンビニ弁当でも食べておけってことかな??

お年寄りが見に来るし、場所前にそういう通達があったかもしれませんね。
でなければやり過ぎ可哀想。
お相撲さんは目立つし、稽古や本場所で身体接触せざるを得ないので、もし感染しようものなら相撲界全体に影響するから、仕方ない面もあるのかなと思います。

相撲界は部屋での集団生活で、コロナでは、高リスク集団だと思うし、実際糖尿の持病持ちで20代の力士が亡くなってもいるので、協会側が敏感になるのも致し方ないのかなぁと思います。相撲を取るときに濃厚接触も避けられないし…。
もうコロナ感染より、コロナバッシングの方が怖い。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


スポンサーリンク




おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ピックアップ記事

記事の編集ページから「ピックアップ記事」を選択してください。

スポンサーリンク




ページ上部へ戻る