「2分で眠りに落ちる睡眠導入法」として話題の「Relax and Win(リラックスして勝利する): Championship Performance」が凄すぎる

睡眠導入法

2分で眠りに落ちる睡眠導入法が話題に!

睡眠は人間が生きていく上で最も欠かせない生理機能の一つ。しかし、我々現代人は仕事や勉強に追われ、寝付きが悪いという人も少なくない。 しかしそんな方々に知ってもらいたいのが、1981年に出版された『Relax and Win(リラックスして勝利する): Championship Performance』にて紹介されている2分で眠りにつく方法。米軍のパイロットが睡眠不足によりミスを犯さないよう、あらゆる状況で眠るために開発された睡眠導入法で、現在も米軍で採用されているという。たった2分で眠りに落ちる睡眠導入法!米軍採用のお墨付きで、96%のパイロットが成功

睡眠導入法は下記の通り

1.ベッドに横たわり、舌、顎、目の周りなどを意識し、顔の筋肉をリラックスさせる。
2.肩の力を抜き、その後片腕ずつ、上腕、前腕と順番に力を抜いていく。
3.息を吐き、胸をリラックスさせ、続いて足の力も抜いていく。
4.10秒かけて頭の中をできるだけ空っぽにし、以下の3つのイメージの中から1つ想像する。

・あなたは穏やかな湖に浮かぶ小舟の上で横になり、視界には澄み切った青空が広がっている。
・あなたは真っ暗な部屋の中で黒いベルベットのハンモックに横たわっている。
・あなたは10秒間「何も考えない、何も考えない、何も考えない……」と自分に言い聞かせる。

・この睡眠導入法は、6週間の練習で96%ものパイロットに効果が見られた。コーヒーを飲んだ後や、マシンガンの銃声が聞こえる状況でも有効だったという。

この記事の反応


最近コロナ自粛後、仕事が忙しくプレシャ-があり、余り寝付けないのでダメ元で試してみようと思うが自分は夜中に朝だと思い目が覚める、酷い時には一晩に数回あるので、朝迄起きない方法も伝授して欲しい。
マインドフルネス瞑想を座ってやると瞑想になるけど、仰向けに寝てやるとすぐ眠ってしまいます。でも、サラリーマン時代の30年間不眠に悩まされ続けたのがリタイアしたら眠れるようになったから、やはりストレスが一番の問題ですね。
YouTube流してたら勝手に寝落ちするがいざ寝ようとすると寝れなくて朝まで寝れない
どの時間で寝ようとも朝4時頃目が覚める
これがライフサイクルになってるせいか普通に寝るのが難しくなって来て辛い
普通に寝たい

何年か前、寝る時、安静時、虫が這いずる感覚が抜けず眠れなかった。精神科に行ったが、異常なし。睡眠薬はいただいたものの、そこで紹介されたのが、催眠療法みたいな眠る練習をするところだった。
私の虫の這いずる様な感覚は、5感の過剰反応らしかったが、それは治療されず、記事の様な眠る練習をしたら治った。
研究ってすごいですね。
「何も考えない」と思い続けるのが無理な方は、呼吸をひたすらに意識するのもオススメです。調べたら呼吸法が色々でてきます。

ちなみに椅子に座っていても同じようにリラックス法として良いので、緊張する面接や試験前などに試してみては。

自分は徹夜は無理だし、布団に入った瞬間眠ってしまうくらい眠さへの耐性はないけれど、もし眠れなくなってしまった時のためにこういう事は覚えておきたい
日中におひさまを見る、お酒を飲まない、就寝時刻の1時間前にはスマホをやめる。
この記事を書いてくれた人

ありがとう!!さっそくやってみるよ!!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


スポンサーリンク




おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ピックアップ記事

記事の編集ページから「ピックアップ記事」を選択してください。

スポンサーリンク




ページ上部へ戻る