難病ASLの女性はSNSで逮捕医師とやり取りを行っていた「嬉しくて泣けた」「お手伝いしたいのですが…」

ASL難病_安楽死

 2人の医師から薬物を投与されて死亡した女性は、会員制交流サイト(SNS)を通じて医師と連絡を取り、「安楽死させてほしい」という趣旨の依頼をしていたとみられている。

「作業は簡単だろうからカリスマ医師じゃなくてもいいです」。平成31年1月3日、ALS患者の女性がツイッターに書き込むと3分後、「訴追されないなら、お手伝いしたいのですが」と返信があった。書き込んだのは大久保愉一容疑者。2人の交流はこのころから始まったとみられる。

女性は「『お手伝いしたいのですが』という言葉が嬉しくて泣けてきました」と応答。同じ年の8月には「すべての医療行為には患者さんの同意がいるわけで、意に反する処置は本来違法です。なんなら当院にうつりますか?自然な最期まで導きますが」と持ちかける大久保容疑者に、女性が「ありがとうございます 決意したらよろしくお願いします」と応じることもあった。

女性はツイッターで、ALSの苦しさと安楽死が認められない現状に対しての複雑な心境も多数つづっていた。

「屈辱的で惨めな毎日がずっと続く」「安楽死させてください」。昨年9月17日の投稿で、女性は苦しい胸のうちを、こう打ち明けた。

30年4月24日にツイッターを開始し、「ALSを発症して7年になります。この度、勇気を出してツイッター始めました」と初投稿。「海外で安楽死を受けるため始動します!色々乗り越えなくてはならない壁がありますが、挑戦しようと思います!!」と続け、以後はALSを発症した苦しみと安楽死への思いを訴えてきた。

 31年1月30日には、「望まないのにこんな体で無理やり生かされてるのは人権の侵害だと考えます」と記述。その2カ月後には、「患者を生かすことをなぜいつまで医療者は使命だと思っているのだろう?」と現在の医療制度や法体制への不満も漏らしていた。「お手伝いしたい」「嬉しくて泣けた」ALS女性、SNSで逮捕医師とやりとり

この記事の反応

安楽死を合法化する為に頑張るってタイプの医師ではないな。考え方が雑だし。

患者はリゾートとか言ってるがそんな場所に巨大な病院ないしな。

ちゃんと自分を守るやり方で安楽死やらないと
依頼した本人はあの世にいるわけで。

これって医師だけじゃなくて現場にいる医療従事者の多くは悩んでいると思うよ
いつも、「これでこの人が幸せなのか」
と自問自答しながら仕事をしてる

それらの人達が受けているストレスも計り知れない

単なる延命治療は、本人・家族・医療従事者・医療保険、全てに負担をかけ、誰にもメリットが無い

自分の命の長さぐらい
自分できめたいよね。
どんなにきれいごとならべられても
所詮、他人事なんだよ。
神様はいない。そう思う。
結局、第三者を立ち合わせないとこうなる。
SNSだけじゃ本人の意思と認められない場合あるだろうしな。

家族や弁護士を立ち会わせれば安楽死OKになるようにするしかない。

政治家は法整備せよ。

屈辱的で惨めな毎日がずっと続く←この言葉、重いね。身体が動かないだけで、意識がしっかり有る中、介護の為とはいえ下の世話などは抵抗が有ったのだろう。色んな選択肢が有っても良いと思う。
命が大事って言ってる人は、本人の気持ちを無視する。

結局、人の心がわからないバケモノが、人になりたいコンプレックスでスタンドプレーをしているだけ。

スタンドプレーだから声だけデカくて、本人は何もしない。

ニュースで写真出てたけどすごくきれいな女性でした。経歴をみるかぎり快活で仕事もバリバリやっててそれなのに40代の若さで発症。こんなに意識がはっきりしてるのにまばたきも自分では思うようにできないなんてどれだけ辛かっただろう。
安楽死自体には賛成だが、この件に関しては他の報道に依れば色々有るみたいなんだが。

死にたい患者の意志を自分の思想の為に利用したのなら、この医師が裁かれるのは当然だし。

本当に死を望むなら身体が動くうちに自死出来た筈、何処かに生への執着が有ったかも?
障害や境遇を受容出来るまでには時間がかかる人の方が多い。
会社は誰のもの?
子供は誰のもの?
命は誰のもの?
大切な事は、同じ病気の方や治療に携わっている医師が同じ思いかどうかは分からないという事。
他の病気の方も同じ。
病気と戦っている人に、失礼な事が無い事を祈ります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


スポンサーリンク




おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ピックアップ記事

記事の編集ページから「ピックアップ記事」を選択してください。

スポンサーリンク




ページ上部へ戻る