【悲報】男子大学生が持続化給付金をだまし取る「しっかり取り締まってほしい」

持続化給付金_詐欺

 新型コロナウイルスの影響を受けた事業者を支援する国の持続化給付金制度を悪用し、現金100万円をだまし取ったとして男子大学生が逮捕されました。  詐欺の疑いで逮捕されたのは、埼玉県鶴ヶ島市の19歳の男子大学生です。警察によりますと、この大学生は卸売業の個人事業者を装い、「新型コロナウイルスの影響で収入が減った」などと虚偽の申請を行い、持続化給付金100万円をだまし取った疑いが持たれています。大学生は調べに対し、容疑を認めているということです。  大学生は、あらかじめウソの確定申告を提出していて手口が巧妙なことから、警察は組織的な犯行も視野に捜査しています。持続化給付金を巡る詐欺事件の摘発は、全国で初めてということです。男子大学生、持続化給付金だまし取る

この記事の反応

こういう犯罪は出てくるだろうと思ったが、やっぱりかという感じ。
GoToキャンペーンのキャンセル料についても、同様の犯罪を考える人がいてもおかしくない。
警察は大変だと思うけれど、しっかり取り締まって欲しい。

こういう人達はガンガン捕まえてガンガン取り返してほしい。最初にこういう人をはじこうとすると手間がかかってしまう。
最初の入り口を厳しくしてスピード感を失うのではなく、あとからいくらでもやってやるぞという姿勢で臨んでほしい
っていうか、実際に申告をしていない会社なり業者が100万円または200万円ほしさに修正申告(もちろん赤字)をしてお金をせしめている実態がある。
まあ、この赤字申告は税務署に場所を捕捉させる効果があるので、次年度に痛い目を見るだろうけど、無かったものを有るようにするというのは手がかかっているな。
結構いるぞ。
実際に給付金を申請したけど、審査があまりも簡単でびっくりした。
あれは配るための審査だね。
当然、そうなればこういうのも出てくる。

詐欺の疑いで逮捕されたのは、埼玉県鶴ヶ島市の19歳の男子大学生です。警察によりますと、この大学生は卸売業の個人事業者を装い、「新型コロナウイルスの影響で収入が減った」などと虚偽の申請を行い、持続化給付金100万円をだまし取った疑いが持たれています。大学生は調べに対し、容疑を認めているということです。
>大学生は、あらかじめウソの確定申告を提出していて手口が巧妙なことから、警察は組織的な犯行も視野に捜査しています。
これは巧妙な手口ですね。
19歳と言えどもほぼ成人、大人と同じように刑事事件として裁いてほしいですね。
そして、大学は退学でしょうね。
まだ親の庇護の元にある未成年で、こうした本格的な犯罪に手を染める子って、犯罪を犯すまでにどういう背景があったんだろう。
家庭環境とか経緯とかよく調べて、未成年が犯罪に手を染めなくて済む社会を作るための参考にしてほしい。
持続化給付金は簡単にだまし盗ることができる。
なんせチェックしているのは素人で役人独特の書類さえ揃っていれば通すという事務的なのも。

今後は詳しくチェックし返金して終わりは絶対にダメ、詐欺行為として立件すべき。

不正受給を指南する悪徳業者がいるらしい、高額の指南料で荒稼ぎしてすぐドロンするから捕まえるのは容易じゃないかもしれない。誘いを受けた人は犯罪に足を突っ込むのではなく、かつ自分がお縄にならないように警察に通報したほうがいい
この手の給付金支給は,駄目です。事業者は、こぞって行政の支給申請基準に沿った書類を作成し、申請します。その片棒を担がされているのが、善意の第3者の社労士です。まあ、受給者の半分弱は、誤魔化しだと思います。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


スポンサーリンク




おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ピックアップ記事

記事の編集ページから「ピックアップ記事」を選択してください。

スポンサーリンク




ページ上部へ戻る