ジャンプ+で連載開始した「ゲーミングお嬢様」が色々ぶっ飛んでて話題に「めちゃくちゃおハーブ生えましたわ」「全てを置いてきぼりにする勢いで面白い」

ゲーミングお嬢様

ゲーミングお嬢様ってどんな漫画?

僕は格ゲーやってるとよくお嬢様になりますわよ。

2019年12月に大@nani氏が集英社の漫画投稿サイト「ジャンプルーキー」に投稿した作品。
語尾に「ですわ」「ですわよ」と付けるいかにもなお嬢様なキャラたちが、格闘ゲームやプレイヤーに関する様々なネタを繰り広げる。

本作の特徴がチェーンコンボの如く連続して繰り出されるパワーワードの数々。
「クソわよッッ!!間違えたお排泄物ですわよッッ!!」「ひょっとして……??お雑魚であらせられる??」
など格ゲーマーの口の悪さとお嬢様の上品さが合わさった煽りや
「人間ゴジライン野郎」「性癖の38度線」
といった一度見たら忘れられない言葉は読むものの腹筋にガード不能のダメージを与えてくる。

1話は公開後にTwitterのトレンドにで1位を獲得し、ジャンプルーキーで圧倒的な閲覧数を叩き出し、その月のブロンズルーキー賞を獲得し、少年ジャンプ+に掲載された。

そして遂に2020年7月21日よりジャンプ+にて連載が開始されることになった。
連載版では吉緒もこもこ丸まさお氏が作画を担当することとなっている。ゲーミングお嬢様

 

あまりにもコアすぎる内容にタジタジになる

尚、ゲーミングお嬢様のコメント欄もひど過ぎて草

ゲーミングお嬢様の何がヤバいって

漫画書き始めたの昨年末でセンスだけで月間賞もぎ取り

半年でジャンププラ連載枠勝ち取るとかRTAも真っ青な速度で成り上がってる事

本日、ゲーミングお嬢様がジャンプ+にて配信開始!

『ゲーミングお嬢様』は原作・大@nani氏、作画・吉緒もこもこ丸まさお氏による格闘ゲーム漫画作品。マンガ投稿サービス「ジャンプルーキー!」で公開されていた同名の漫画が、作画担当付きでリメイクされます。

作品の内容はジャンプルーキー!版より、ゲームジャンル同士で覇権を争うお嬢様学校を舞台に、お嬢様たちが格闘ゲーム対戦に興じるもの。

ただし、単なるお嬢様ではなく、格ゲープレイヤーがそのままお嬢様化したかのような、上品な言葉遣いに、口汚い煽り合いを繰り広げます。描かれる内容も格ゲープレイヤーにはあるあるネタが散りばめられており、原作の時点でも大いに話題となりました。

現在もジャンプルーキー!サイト上にて原作を読むことができます。原作の大@nani氏ツイッターによれば、ジャンプルーキー!版ゲーミングお嬢様の更新も行われる可能性はあるようです。あの話題作、漫画『ゲーミングお嬢様』が作画付きで連載決定。ジャンプ+にて7月21日(火)配信開始

配信開始直後の反応は 原作と比べて

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る