春名風花さん、誹謗中傷の投稿者と示談が成立!示談金は315万円「こりゃ高くついたな」「おめでとう、よく戦ったね!」

春名風花_誹謗中傷

春名風花さん、ネット中傷の裁判の結果と名した動画を投稿する

ツイッターに虚偽の内容を投稿され名誉を傷つけられたとして、女優の春名風花さん(19)と春名さんの母親が、書き込みをした人物を相手取り、慰謝料など265万4000円の支払いを求めた訴訟は7月16日、横浜地裁で刑事告訴の取り下げと被告側が春名さん側に示談金計315万4000円を支払う内容で示談した。

春名さんが7月20日、自身のYouTubeで明らかにした。

●「勇気を持って立ち上がって」

春名さんのYouTubeなどによると、警察から書き込み主に対し電話があった翌日に、代理人弁護士を通じて「示談金を支払うので、告訴を取り下げてほしい」と連絡があったという。

春名さんは「お金の問題よりも、社会的に罪を償ってほしいという思いで裁判をしていた」と話し、示談についても「のちの人のために、判例を作るべきではないかという思いもあった」として最初は拒否していたという。

ただ、今の法律では軽微な罰で終わってしまうと聞き、「現行法では、やったことに対しての処罰が甘すぎる。法律で裁く方が罪が軽くなってしまうかもしれないと判断した」と説明した。

春名さんは「何より相手の身元を特定できたことで、誰に狙われているかわからない恐怖から、何万分の一でも解放されたことは大きいです。お金そのものが心を癒すことはできなくても、勉強や仕事のため役者として頑張るために使おうと思う」と話した。

ここまで2年弱かかったといい、「勇気を出して訴訟をしたことでゆっくりと動き出したような気がします。誹謗中傷されて何かが変わるなんて悔しすぎる。どうかみんなも勇気を持って立ち上がってほしい」と呼びかけた。

代理人の田中一哉弁護士は「謝罪条項も入っており、二度としないという約束もしてもらっている。春名さん側にとって、いい形で解決できたのではないか」と話した。

●問題となっていたツイートは

問題となっていたのは、「彼女の両親自体が失敗作」などと書かれたツイート。東京地裁(大嶋洋志裁判官)は2019年11月1日、こうしたツイートを「社会通念上許される限度を超える侮辱表現で、名誉感情を害されたことは明らか」と認定し、氏名や住所などの開示をプロバイダに命じた。

また、今回のSNSの投稿に関し、春名さん側は名誉毀損と侮辱の疑いで、神奈川県警泉署に刑事告訴。2月7日に受理された。

春名風花さんが「ネット中傷」の投稿者と示談成立 示談金315万4000円

この記事の反応

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


スポンサーリンク




おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ピックアップ記事

記事の編集ページから「ピックアップ記事」を選択してください。

スポンサーリンク




ページ上部へ戻る