東京女子医院大病院ボーナスカットから一転、ボーナスを支給する方針転換

東京女子医大_ボーナス_支給

東京女子医科大学病院が新型コロナウイルスによる経営悪化を理由に夏のボーナスをカットし、看護師に大量の退職希望者が出ているとされる問題で、大学側が来月をめどに手当の支給を検討していることが分かりました。

この問題は、東京女子医大病院が外来患者の減少などによる経営悪化を理由に、先月のボーナス支給を見送ったことなどに対し、労働組合側が反発していたものです。大学側は資金調達が可能になったとして、来月をめどに手当を支給する方向で検討することを、17日、職員に通知したということです。

一方、400人を超える看護師が退職を希望していると報じられたことについては、「アンケート等で意思確認を明確に行ったわけではない」などとしています。東京女子医大病院、夏のボーナス 一転支給の方針

以前、ボーナスカットにより看護師400人強が退職希望を出した東京女子医大病院、方針転換を行う

この記事の反応

初めは資金調達する気が無かった、ってことですか?働く人を軽く扱う病院は、辞められても当然の結果と思います。
まあ、辞められて新たに雇用するよりはボーナスあげた方が安いだろうしね。
はっきり言います。医療関係者は奴隷ではありません。敬意を持って接してください。彼らに私たちの命を預けているのですからね。

世間にボッコボコに怒られたからお金出さないと。にしか見えない

そりゃそうでしょうよ。
働きは評価されなきゃ。
これからも保証してください。
「必ずボーナスは支給しますので安心して働いて下さい」と言っておけば良かったのに。そもそも病院側が信頼されていないのかな?せめてコロナに向き合っている分上乗せして欲しい。
とりあえず批判をかわそうってことじゃ無いといいけど…

この数は病院側に理由があるのが凄い予想出来るなぁ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


スポンサーリンク




おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ピックアップ記事

記事の編集ページから「ピックアップ記事」を選択してください。

スポンサーリンク




ページ上部へ戻る