日本で初めて煽り運転罪が適用される!クラクション2分間鳴らし前に割り込んだとして逮捕

煽り運転_初逮捕

 車間距離を極端に詰めて運転したなどとして、警視庁は16日、東京都江戸川区のトラック運転手の男(42)を道路交通法違反(あおり運転)容疑で東京地検に書類送検した。6月30日施行の改正道路交通法で創設された「あおり運転(妨害運転)罪」が適用されるのは全国で初めて。  発表によると、男は6月30日午後5時半頃、江戸川区南葛西の環状7号で乗用車を運転中、都内の男性会社員(24)が運転する前方の軽乗用車との車間距離を約4・5メートルまで詰め、約1・3キロにわたって運転。約2分間、クラクションを鳴らし続けた上、車を軽乗用車の前に割り込ませて通行を妨害した疑い。  調べに対し、男は「後ろから来た軽乗用車に車間距離を詰められ、カッとなった」と容疑を認めている。男は車を止めた後、路上で男性をどなりつけるなどしており、目撃者が110番した。駆けつけた警察官が事情を聞き、ドライブレコーダーなどからあおり運転を裏付けたという。  改正道交法は、あおり運転について、車間距離を詰める行為や急な割り込み、不要なクラクションの反復など計10類型を違反対象とした。警視庁は、ヘリコプターで上空から監視するなどして取り締まりを強化している。クラクション2分間鳴らし、前に割り込む…「あおり運転罪」初適用

この記事の反応

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る