漫画『極主夫道』がドラマ化 主演は玉木宏さんに決定!

極道主夫_玉木宏

漫画好きなら知っていて当然と言っても過言ではないおおのこうすけ原作「極主夫道」は、累計200万部突破する、「全国書店員が選んだおすすめコミック2019」で第2位に輝いた大人気コミック

主人公は、裏社会に数々の伝説を残した最凶の極道、“不死身の龍(たつ)”の異名を持つ男。そんな彼が、極道から足を洗い選んだ道は、なんと専業主夫。主夫の大変さやトラブル、悩みを爽快に解決し、全力でコミカルに描く仁義なきヒューマン任侠コメディーとなっている。

■ 玉木宏が専業主夫の元極道に!

極道から足を洗った後、美久と結婚し、主夫業に打ち込む龍を演じるのが、日本テレビ系連続ドラマで初主演となる玉木宏

シリアスな役からコメディーまで幅広い演技力を持ち、数々の映画やドラマで抜群の存在感を放つ玉木が、今回はこわもてだけど、愛情深くてどこかかわいらしい龍を、全力でコミカルに愛らしく、ちょっぴり無骨に熱演する。

また、脚本家は「99.9‐刑事専門弁護士‐」(「SEASON I」2016年TBS、「SEASON II」2018年TBS)、「探偵が早すぎる」(2018年ほか)、「おしい刑事」(2019年NHK BSプレミアム)などを担当した宇田学。

演出を「おっさんずラブ」(2016年テレビ朝日※単発版)、「浦安鉄筋家族」(2020年テレビ東京)、「探偵が早すぎる」などを手掛けた瑠東東一郎が務める。

■ “不死身の龍”の日曜夜へのカチコミに期待大!

原作ファンには、2019年12月YouTubeの「くらげバンチ新潮社チャンネルで単行本発行部数120万部突破を記念して、声優・俳優の津田健次郎が龍を演じ監督を務めた実写版PVが公開され、話題になったのが記憶に新しい(7月7日時点で735万再生)。

4分17秒という短い尺に、「極主夫道」の世界観をぎゅっと詰め込んだPVも素晴らしかったが、今度は連続ドラマで、「今日から俺は!!」(2018年)や「3年A組 -今から皆さんは、人質です-」「あなたの番です」(2019年)などと同じ日本テレビの日曜ドラマ枠とあって、期待せずにはいられない。

こわもてにグラサンスーツの上に柴犬のキャラクタープリントされたエプロンを着け、抜けきらないヤクザ稼業の隠語を使いつつも主婦の知恵を使った完璧な主夫業をこなす龍を、玉木がどう演じていくか今から楽しみにしよう。「極主夫道」ドラマ化で玉木宏、日テレ系連ドラ初主演! 元極道の家事完璧な専業主夫を演じる

この記事の反応

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る