Little Witch Nobeta(リトルウィッチノベタ)ってどんなゲーム?今話題のロリダクソの評価をまとめてみた!

Little Witch Nobeta

リトルウィッチノベタって?

本作は、小さな魔女っ子ノベタを操り、魔法を駆使して敵と戦う3Dアクション。ノベタは自身にまつわる謎を求めて、不思議な黒猫と共に王座を目指し、謎の古城を探索していきます。可愛いキャラクターとアニメ調のグラフィックとは裏腹に、敵は手強く、雑魚でも油断すれば簡単に倒されてしまう。いわゆる「ソウルライク」のバランスになっています。小規模なインディー作品ながら発売後数日で5万本を売り上げるヒットとなりました。
謎の古城に探検し、多彩な元素魔法を使って生魂と戦う。
かわいいアートデザインに少しハードコアなバトルシステム。
敵の弱点探して戦い、むやみに突っ込むと苦戦になるかも。
攻撃と回避を駆使して戦闘に挑もう。
ゲーム特徴:

  • シナリオカットシーンが多数あり、適量の謎解き要素も存在します。
  • アーケン、アイス、ファイア、ライトニングなど多様な元素魔法が存在し、
  • 各魔法には直射撃と大技の詠唱魔法二つの使い方があります。
  • 各魔法は独特かつ個性的、自分に相性のいい戦闘スタイルや場面に応じて、
  • 魔法を切り替えて戦闘に挑もう。
  • 詠唱魔法に詠唱時間が必要ですが、杖攻撃や回避で詠唱を加速することができます。
  • 攻めれば攻めるほど強大な魔法をガンガン撃てます!

リトルウィッチノベタ

リトルウィッチノベタの評価や感想をまとめてみた!

リトルウィッチノベタ_ゲーム画面

可愛いダークソウル

このゲームのよいところはいわゆるソウルライクゲームでありながら,『ダークソウル3』から更にシステム面での進化が見られることにあると思います.

具体的には,使用した状態で死亡するとソウルを一部失うアイテム(呪われたアイテム)によってプレイヤーがソウルをロストするかどうかを選択することができるシステムが挙げられます.ダークソウルで例えるとエストを使用すればするほどソウルロスト量が増えるといったところでしょうか.プレイヤーは
- 回復なし(その代わりソウルロストもしない)
- 呪われたアイテムを使用(ソウルを一部ロストするが,無料で回復できる)
- 回復アイテムを購入(ソウルを先行投資して回復)
という選択肢を持つことができ,ダークソウルでありがちだった,ただの偵察で深い位置にソウルを落としてしまうというリスクをうまく回避することができます.

また,HP等リソースの管理に関するデザインも特筆に値するでしょう.
攻撃に必要なマナを回復するためのアクションはどれもHPを失うリスクと隣合わせになっています.つまり,効率的にダメージを出そうとすればするほど敵の攻撃を見切る技能が必要になると同時に,敵の攻撃を見切れるようになればなるほど効率的にダメージを出せるようになり,上達の実感を得やすくなっていると感じます.
スタミナは攻撃で消費されない代わりに,尽きると転んでしまい大きな隙ができるようになっています.個人的にはダークソウルのスタミナ管理は一定の習熟を要求されると思うのですが,このゲームではより直感的になっているように思います.一生ローリングして回避するプレイができないため敵の攻撃を見切って回避する重要性が相対的に上がっていると言うこともできるでしょう.

ダークソウルとの比較という観点から真っ先に挙げられるよくないところはビルドの幅の狭さでしょう.そもそも魔術師ビルドしかない上,装備によるステータス変動もなく使用できる魔法も順番に発見して習得していく関係上自由にキャラクターをビルドするという遊び方は(少なくとも現時点では)できません.
しかし,それを犠牲にして手に入れたものは決して小さくありません.ビルドが固定されているということはプレイヤーが持っている魔法が既知であるため,その中からボスの弱点を設定することができます.これにより,プレイヤーが自分が持っている選択肢から最良の戦略を探る楽しみ得るを得ることができるようになっています(そして,その選択肢が手札にあることは保証されているのです).
このゲームでは,単なる属性攻撃力の増減ではなく魔法の性質によってそれを実現していることにも注目すべきでしょう.

長くなりましたが,当然これらの特長よりもかわいい事の方が重要であることは言うまでもありません.
Nobetaちゃんはゲーム中あるイベントで意志の芽生えを感じさせる発言をするのですが,今後ゲームが進むにつれ彼女がどう成長していくのかとても楽しみです(私はゲームのストーリーを重視する方ではないのですが,ややあっさりめな印象を受けたことは書いておくほうが公平かと思います).
ボスも半数がカワイイ...見た目もさることながら生魂人形の運命への向き合い方にもぐっとくるところがあります。レビュー

可愛い幼女を動かせてゲーム性も良し!

1周目隠しダンジョン含めクリア済。

ダクソというよりはremnantが近いがジャスト回避、パリィなどの要素が含まれておりSEKIROっぽさもある。
ノベタかわいいよノベタな見た目と裏腹にゲーム性は滅茶苦茶真面目。
幼女に騙されて購入すると心が折れそうな難易度かもしれない

良かった点

・戦闘システム。遠距離からチクチクやってるとすぐに魔力が枯渇するのでジャスト回避での魔力回収か近接攻撃での魔力回復を必要とする。また魔法詠唱をジャスト回避やパリィでかなり短縮できるため立ち回りを考えるのも楽しい
・ボス戦闘は攻撃が強力だがちゃんとモーションを見れば回避はそれほど難しくない点。攻撃パリィも慣れれば容易
・ソウル系では珍しく死んでもソウルがロストしない。呪い状態だと減るけどそれでも全部落としたりはしない
・KAWAII
・その道の人がモーション監修したとしか思えないほどのロリムーブ コケたりレバー引いたりする姿はまさにロリ

悪かった点

・remnantと同じく弱点に当てる必要があるが照準が滅茶苦茶ブレる所 筋力上げても全然ブレる
・しょうがないが敵の量が少なくグラがしょぼい 亡霊系ばっかり
・死んだ時のめっちゃ長いスローモーション スタート画面から女神像に戻る押したほうが早い
・3ボスの対処法知ってないとなぶり殺しにされる 第一形態後半はアイス貯めるとだいぶ楽になる 第二形態は相手の詠唱を詠唱魔法で潰すと3600ダメージとか入るのでそれ前提で戦おう

ソウル系のお約束なのかストーリーがびっくりするほどわからなかったりするがまあよくあることなので気にしない。
翻訳はまあ言いたいことは伝わるレベル。もうちょっと改善してほしいかな
作者の収入がほぼ無いよ!とのことでアーリーアクセスを始めたらしいが質は抜群にいいのでお布施感覚で買おう
かわいい幼女動かせてゲーム性もいいなんて超レア物だぞ!レビュー

ノベタを始め、とにかくキャラクターが可愛い!

まず一番言いたいのはノベタを始めとにかく出てくるキャラがかわいい(特にモニカちゃん)
レイピア二刀流の敵モブも非常にかわいいので正式リリース時にはああいうモブドールがもっと増えたら嬉しい。
FPSユーザーはダッシュボタンをCtrlからShiftキーに変えると違和感ないぞ!
ちなみにノーマルモードは罠だから、1周クリアするのに12時間近くかけたくなければイージー選ぶんだ!

以下長文
個人的にUnity作品には出来のいいものが少ない印象を受けていたので、Unity製でここまでクォリティの高い作品に出会えるとは思っていなかった。

とくにインディーズゲーでアニメ調のキャラモデルが出る場合、シェーダーの問題でモデルがのっぺりしていたり、アセットの背景とキャラモデルがミスマッチしていたりする光景をよく見かけるが、この作品は見事にキャラも敵も背景も調和していて素晴らしい!

難易度やシステムはダークソウルに近いが、レベルデザインとしてはデュープリズムなどの昔のスクウェアのアクションゲームに近いと感じた。
地面で光っているTIPSを読んでいけばそこまで難しいギミックもないため、クリアするだけなら謎解き要素などは少なめ。
ただ、一部の宝箱は非常に分かりにくい場所に隠してあるため自力で全部探すのは相当骨が折れる。どうしても宝箱が見つからない場合はsteamフォーラムの24 Chestsのトピックを見れば場所が書いているので参考に。

欠点があるとすれば難易度の異常なまでの高さで、被ダメージ後の無敵時間はなく回避の判定も非常に厳しくHPの回復手段もアイテムしかないためただでさえ隙の大きい杖攻撃がまともに機能せず、どうしても距離をとってチャージしながら回避していく戦闘スタイルになってしまう(ノーマル準拠)
欲を言えば後から難易度変更できるような機能と、ダッシュボタンを切り替え式から押しっぱなし式にする機能が欲しかった。

キャラデザインもゲームデザインもとても好みなので、正式リリースを楽しみにしています。レビュー

Twitterの反応 クソ可愛いパンチラが見れるので皆やろう


プレイ動画

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


スポンサーリンク




おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ピックアップ記事

記事の編集ページから「ピックアップ記事」を選択してください。

スポンサーリンク




ページ上部へ戻る