レディ・プレイヤー1で「俺はガンダムでいく!」が世界中に響き渡った結果www

レディプレイヤー1_俺はガンダムで行く

レディ・プレイヤー1で「俺はガンダムでいく!」が誕生した経緯

レディ・プレイヤー1』(2018)最大の見せ場のひとつとなるのが、ピンチの場面で登場したガンダムの勇姿と、ダイトウ役森崎ウィンが放った「俺はガンダムで行く!」の日本語だ。この画期的なセリフ、いかにして誕生したのだろうか?

『レディ・プレイヤー1』クライマックス。ガンターとIOI社シクサーズの激闘は最終局面を迎え、惑星ドゥームでの大規模な戦闘に発展する。ウェイド/パーシヴァルは、オアシス中の全プレイヤーの力を借りて総攻撃に挑んだ。

そこでソレントは、レアアイテムであるメカゴジラを使用。お馴染みのテーマと共に巨大化し、アルテミスも「Mechagodzilla!」と恐怖した。戦場に飛び出したメカゴジラはアイアン・ジャイアントをあっという間に倒し、ガンター陣営は一気にピンチに。

その間、瞑想を続けていたダイトウ。決意を固めてVRゴーグルを装着して……、「俺はガンダムで行く!」スティーブン・スピルバーグ監督の大作映画のクライマックスで、ガンダムを誇らしく宣言するこの日本語のセリフが、全世界に響き渡ったのである。『レディ・プレイヤー1』「俺はガンダムで行く」誕生ウラ話

レディプレイヤー1_俺はガンダムでいく

Twitterのガンダム関連アカウントが一斉に呟く事態にww

「俺はガンダムで行く!」が世界に羽ばたいた瞬間に感動する方々

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る