映画「プロメア」で知られるアニメ制作会社トリガー、未払い残業代問題について円満解決を迎える

プロメア_残業代未払い

 ブラック企業ユニオンは、映画『プロメア』『リトルウィッチアカデミア』や、NETFLIX配信『SSSS.GRIDMAN』などで知られるアニメ制作会社トリガーに対して、長時間労働や、裁量労働制の誤った運用による未払い残業代について団体交渉をしていましたが、今回同社と合意に至り、円満解決となりました。同社は今後、労働条件の改善に努めるとのことです。
トリガーに勤務していた組合員は、「大変でしたが、無事解決してよかったです。この業界で正しく裁量労働制が運用されることを願います。」と話しています。
ブラック企業ユニオンでは、これまでもマッドハウス、STUDIO4℃など、人気アニメ制作会社との団体交渉を行ってきました。特にSTUDIO4℃とは、裁量労働制の違法な運用によって、制作進行の従業員が長時間労働・残業代未払いの「定額働かせ放題」になっていた事実をめぐって争っていましたが、裁量労働制の適用を否定した場合の残業代全額を会社が一方的に支払ったことにより、裁判が終了となる見通しです。映画『プロメア』などで知られるアニメ制作会社トリガーと団体交渉を行い、裁量労働制の誤った運用による未払残業代などについて、円満解決となりました。

弊社元従業員との団体交渉について

株式会社トリガーは、ブラック企業ユニオンを通じて長時間労働や裁量労働制の誤った運用による未払い残業代について元従業員と団体交渉を行っていましたが、今回合意に至り、円満解決となりました。弊社は今後も労働条件の改善に努めていきます。弊社元従業員との団体交渉について

 

このツイートの反応

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


スポンサーリンク




おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ピックアップ記事

記事の編集ページから「ピックアップ記事」を選択してください。

スポンサーリンク




ページ上部へ戻る