「世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ」ってどんな本? ホセ・ムヒカ

ホセ・ムヒカ_世界で一番貧しい大統領

「世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ」ってどんな本?

リオデジャネイロで開かれた国際会議でホセ・ムヒカ大統領がのこした伝説のスピーチを絵本化。貧しさとはなにか? 本当の幸せとはなにか? 人生の本質を見失いがちな私たちに「本当に大切なこと」を教えてくれる。

ホセ・ムヒカってどんな人?

ホセ・アルベルト・ムヒカ・コルダーノ西José Alberto Mujica Cordano1935年5月20日 - )は、ウルグアイ政治家。 2009年11月の大統領選挙に当選し、2010年3月1日より2015年2月末までウルグアイの第40代大統領を務めた。バスク系ウルグアイ人

愛称はエル・ペペ。報酬の大部分を財団に寄付し、月1000ドル強で生活している。その質素な暮らしから「世界で最も貧しい大統領」としても知られているホセ・ムヒカ

世界を震撼させたホセ・ムヒカのスピーチ

「世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ」感想・評価

政治家とは一体何かを教えてくれた大統領

小さい頃は、政治家、首相、国の偉い人が言い争いをするところが国会、と覚えていて…。
そのうち、街頭演説がうるさくなると「選挙の日がまた来る」と思うようになり。
段々、給与から税金や年金が引かれてるのを知って、生きるだけでお金がかかるのね、とため息が出た。

「政治家は自分の身の保全しか考えない」「国民の血税なのに云々」「国なのに借金ばかり」

とまぁ、おとなになるにつれて国って何、政治家って何、みたいな不満、憤りのない気持ちが募る一方。日本の政治って元気がないと思うのは私だけなんですかね。

このウルグアイの大統領は、政治に関して言及しているわけではなく。
社会の発展と人の幸福を言い当てたスピーチ。
簡潔に且つ的確に、歯止めがきかない人間の欲への警鐘を鳴らしていました。

「こういう事を言える政治家って、日本にいるのかな。」

ホセ・ムヒカ_世界で一番貧しい大統領2

子供のためにと思って購入しましたが

実際は家族で考えなくてはと、思わされる一冊でした

本当にムダをなくせば、潤う世界になっていくのはわかっているのだけど

そのムダだと思うことが仕事で生活の糧になってる人もいるので

安易にムダをなくそう!!とも言えず・・・

本当に考えさせられます。

レビュー


世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ購入はこちらから!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る