緊急事態宣言 茨城、石川、岐阜、愛知、福岡を含む39県を解除の意向を固める

アベノマスク_到着

政府は先ほど、「特定警戒都道府県」の茨城、石川、岐阜、愛知、福岡の5つを含む39の県を対象に、緊急事態宣言を解除する方針を固めた。14日の対策本部で最終決定することにしている。
一方、北海道、東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、京都、兵庫の8都道府県は引き続き、緊急事態宣言の対象となる。緊急事態宣言 特定警戒含む39県を解除の方針固める

この記事の反応

これ解除した後の会社への出勤要請はどうするのだろう。特に首都圏は。今8割削減要請で出社を8割減らしているが解除後通常に戻るのだろうか・・それとも政府のほうから例えば5割削減とか方針が出るのだろうか。なければ会社は全員出社とか言いそうで・・
一番怖いのは気の緩みだね。羽目を外さないようにしてほしいし、
ウイルスを完全になくすのは難しいから、もう共存するしかないね。緊急事態宣言が解除されたから元の生活に戻るわけじゃない。コロナとの戦いは長期戦。

ただ解除された地域の人達が県外を跨いで旅行に行っても良いと思う人がいそうだな。特定警戒都道府県と解除された都道府県との検県を跨ぐ移動は極力控えてほしい。

第2波、3波で感染拡大が懸念されているためにも簡単に気を抜かないようにすべきだと思います。

経済を優先するのはわかるが、中部圏、福岡等都市部はもう少し待っても良かった気がします。
再感染率次第でしょうね。兎にも角にも再びクラスター感染等が発生しないことを切に願います。
解除すれば、間違いなく感染者は増える。
ただ、それ自体が悪いということではなく、重要なのはどこまでその数を抑えられるか、さらにその中で重症者数を抑えられるかが重要。
我々自身も今より増えたからといって、それを非難するようなことは控えた方がいい。
県内できれば市内での移動のみに自粛してほしい。まずは各地域内での経済立て直しだ。
今後、新たに来る波をどれだけ小さく抑えられるかが大事。宣言解除後も、リモートワークやオンライン授業が継続できるところは継続することが望ましいと思う。
仮に再び感染拡大したら、また宣言出して自粛をするのか??休業を求める業種は今回と同じでいいのか??
三密の業種は再開しても客足がすぐに戻るとは想えないし、通常営業となれば補償も出ないと思う。三密のリスクを減らせる工夫を考えないとその業種は衰退してしまうし、場合によってはビジネスモデルの変容が求められると思う。
第二波が怖いですが、だからと言って、長く自粛するわけにはいかないでしょうから、
今回のは仕方ないかもしれません。

ただ、テレワークが使える会社は引き続き、テレワークをしてほしい。
電車が満員になるとリスクが絶対に上がるので。

韓国みたいなならなければいいが…。
韓国と日本とでは国民性が違うという方も多くいると思うが、今までのうさを晴らしたい気持ちは世界共通だし、北海道の例もあるから何となく怖いし、解除といってもコロナ以前の生活にはなかなか戻れないかもしれない。
コロナ前と違い、スーパーや飲食店なども除菌スプレーや非接触対応は出来ているから、解除による感染の再拡大はそれほど心配ないと思うよ。ただ、気は緩めずマスクの着用や手洗いうがいはしっかりと、ソーシャルディスタンスも意識下げないように!
解除するにあたり、どういった指標や数値に基づいて判断したのかを明確にする必要があると思います。そうでなければ特定警戒地域の解除や、感染が再び広がり、再度指定する際の基準が曖昧のままでは我々国民は何を目標にするのか等がわかりません。専門家委員の意見を集約した上で具体的な数値をきちんと公表し、指定や解除をするのは政府の責任です。
政府の言う事を信じる信じないは個人の自由だろう。
でも、俺は信じない。
何故なら、政府の発言には何の根拠もない様に思え説得力に欠けている。
また、コロナなんて全く気にせず感染宜しくみたいな生活してる人間も居る。
本当に明日からみんなの気が一気に緩んで、本当に今まで通りの日常生活に一気にみんなの気持ちも戻って、みんなの気持ちが一気にお祭り騒ぎに戻るのもかなりリスキー。本当にこの段階で解除して良かったのかな〜っていう疑問が凄く残る
まだ解除されていない地域ではどの程度の制限を受けるのか、学校の通学はどうなるのか、細かい指示は各自治体任せなのか、まだ課題がいろいろありますね。
解除されたからといってすべて元通りに戻せるものなのか、それで大丈夫なのか依然として未知数です。
明日の決定での説明が必要です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




ページ上部へ戻る