元首相補佐官の岡本行夫氏が新型コロナウイルスにより死去

岡本行夫_死去_新型コロナウイルス

 橋本政権などで首相補佐官を務めた外交評論家の岡本行夫(おかもと・ゆきお)氏が死去したことが7日、分かった。74歳。関係者によると、死去は4月24日。新型コロナウイルスに感染していたという。

神奈川県出身。1968年外務省に入省し、北米1課長などを経て91年に退官。96年11月~98年3月に橋本龍太郎内閣で、2003年4月~04年3月に小泉純一郎内閣で首相補佐官を務めた。

橋本内閣では沖縄問題担当として、米軍普天間飛行場問題の解決や振興策推進のため、政府と沖縄とのパイプ役を担った。小泉内閣ではイラク復興支援に当たった。元首相補佐官、岡本行夫氏が死去 新型コロナに感染

この記事の反応

突然の訃報で、信じられない思いです。心よりお悔やみ申し上げます。岡本さんのフォーリン・プレスセンターなどでの記者会見に何度か参加致し、質問もたくさんさせていただきました。外国人記者からの鋭い質問にも、英語で理路整然と素早くお答えになられる語学堪能な方でした。

岡本さんは外務省で北米局安全保障課長、北米第1課長などを歴任されました。また、個人的にも小生の大学時代のゼミの恩師、島田晴雄氏が座長を務めていた沖縄米軍基地所在市町村に関する懇談会事業(通称・島田懇談会事業)などを通じ、沖縄の基地問題に大変尽力されていたことが特に思い出されます。極東最大の米空軍嘉手納基地が町の総面積の83%を占める沖縄県嘉手納町のビルには、岡本、梶山静六(元官房長官)、島田の各3氏の功労を称え、肖像レリーフが飾られているとうかがっております。
新型コロナウイルスの恐ろしさを改めて痛感させられます。合掌。

お悔やみ申し上げます

プライムニュースで良く見ていました
聞きやすい話し方
分かりやすい解説
とてもためになりました

岡江久美子さんの時もでしたが
岡本さんの訃報もとても驚きました‥

仰ることがいつもフェアで落ち着いた評論が好きでした。
心より御冥福をお祈り申し上げます。
この訃報も驚いた。罹患して重症化したら短期間で死に至る恐ろしいもの。日米関係の強化に尽力された功績は素晴らしいもの。ご冥福お祈りします。
信じられない。
サンデーモーニングでのわかりやすい外交問題の解説が蘇る。
コロナの非情さ怖さを改めて実感するとともに自分の大切な誰かを奪われる恐怖も湧く。
ご冥福を心よりお祈りします。
講演でお話を聞いた時、自身の政治思想について、外交や安全保障は右寄りで、歴史に対しては左寄りだとおっしゃっていました。

この意味を、これからの人生で学んでいきたいと思います。

いかに物事を的確に見分け戦略的且つ論理的考えることが重要かを、大学生ながら学ばせていただきました。講演で話された内容を今も鮮明に覚えています。非常に残念でならないです。お悔やみ申し上げます。

大変驚きました。

岡本氏は橋本・小泉政権時に首相補佐官で政権を支え、その後は保守派の論客として活躍されました。

眼光鋭い眼差しの奥に光る知性を感じさせてくれる方でした。

在りし日の岡本氏を偲び合掌。

びっくりしました。たまにサンデーモーニングなどに出演されていて、コロナがなければまだまだご活躍なさるはずだったはずで残念です。どちらかと言えば自民党政権に近い立場の方ですが、決して「為にする」評論ではなく、信念をもって客観的に語ろうとされていた方でした。安倍政権の方針とは相反するはずですが、イラン核合意からアメリカのトランプ政権が離脱した際、その決定の理不尽さを厳しく批判されていたのが印象に残っています。優秀な外交評論家、そして日本政府にとって得難い助言者を失ったことは非常に日本にとっての損失だと思います。ご冥福をお祈りします。
かつて自民党政権の一員だったが、右派的なプライムニュースにも左派的なサンデーモーニングにも仕事を選ばず出ていたし、さらに周りのコメンテーター達と一線を画して、与党にも野党にもしっかり称賛したり批判したり、大変フェアなコメントをされていたと思う。
自分の思想に凝り固まり攻撃的なコメンテーターが増える中、岡本氏のコメントは抜群に優れていた。最近までお元気で活動されていたしまだまだ活躍出来るお歳だけに、非常に残念でならない。
特に高齢者の感染、重症化された方のお亡くなりになるまでのスピードが早すぎる。
本当に怖い。気を引き締めなくてはいけない。
岡本さんの御冥福をお祈りいたします。
つい2ヶ月前に、あれほど明朗にコロナショックによる米経済を解説されていたのに、いまはもう亡くなられているなんて信じられません。
非常に分かりやすい解説、大好きでしたし勉強になりました。
謹んでご冥福をお祈りいたします。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




ページ上部へ戻る