新型コロナウイルスによる影響で2020年度内の憲法改正が絶望的に「物事には順番ってものがある」「これが本当の不要不急の極み」

憲法改正_コロナウイルス

世界的に広がる新型コロナウイルス感染の終息が見えない中、日本国憲法は3日、1947年の施行から73年を迎えた。安倍晋三首相は憲法改正への意欲を堅持し、9条や「緊急事態条項」新設を巡る議論活性化を期待する。だが、首相の意をくむ自民党と、コロナ対応を最優先とする主要野党の溝は深く、今国会の議論は停滞。来年9月に迫った首相の自民党総裁任期中の改憲実現は事実上困難な情勢となった。

首相は2017年の憲法記念日に、20年の改正憲法施行と9条への自衛隊明記を提起した。17年衆院選、19年参院選でも改憲を訴えた。

立憲民主など野党は首相ペースの改憲を警戒している。新型コロナで憲法改正論議停滞 首相公約の20年改憲、困難に

この記事の反応

おいおい、不要不急の極みじゃね。
能天気過ぎて話にならんな。

コロナ禍も所詮は他人事なのだろうか
殊更に危機管理能力の無さを晒すこともあるまいに

当たり前。
そんなことやっている場合ではない。
今は全力でコロナ終息対策。
人権は公共の福祉で制限される。
これは早急に憲法、法律とも整備する必要がある。
また、同じことは起きる。
9月入学も議論すべきだし
憲法改正も良いけど
全ては落ち着いてからだわね
物事は順番ってのがあるでしょう
コロナ収束、全ての面で、感染も医療も経済も
まぁどっちにしろ20年内なんて無理だったでしょ。
引き際も大事、こういう理由付けでやめられるんだからマシでしょ。
憲法改正に反対ではないけど、今はそれどころじゃないよ。コロナが落ち着いたら議論しようよ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




ページ上部へ戻る