【マジ?】新型コロナウイルスによって肺に後遺症が残る?新型コロナウイルスについて言及した意見書に恐ろしいことが書いてある

肺繊維症_コロナウイルス_後遺症

オーストリアにあるインスブルック大学病院の上級医であるフランク・ハルティヒ氏は、同院の救急科の責任者として、無症状の人から集中治療室に入った人まで多くのCOVID-19患者を診察してきました。その中には6人の現役のダイバーがいましたが、全員が「病院での治療は不要」と判断されたため自宅に戻され、数週間の自主隔離の後回復しました。ハルティヒ氏らが回復後の経過観察を行ったダイバーは全員、せきやダイビングのパフォーマンスの低下が見られる以外は健康そのものだったとのこと。

そこで、ハルティヒ氏がダイバーの肺をCTスキャンで調べたところ、驚くべき結果が出ました。まず6人中2人の肺は大きく機能が低下しており、負荷がかかるとすぐに血中の酸素が低下してしまうようになったとのこと。また、ぜん息の患者に見られるような症状も観察されました。残りの4人のダイバーについても、肺の変化が見られたとのことです。

新型コロナウイルス感染症から回復しても肺には深い傷跡が残るとの指摘

記事要約

・軽症から重症まで多くの新型コロナ患者を診察してきた医師が「新型コロナから健康な元患者の肺が、不可逆な損傷を受けた」と報告。

・6人の現役ダイバーが新型コロナ感染から回復後に経過観察した結果、咳やダイビングのパフォーマンスの低下以外は健康だった。

・後にダイバーの肺をCTスキャンで調べた結果、6人のうち2人の肺は大きく機能が低下しており、負荷が掛かると血中の酸素が低下してしまうようになった模様。

・他の4人のダイバーにも、肺に変化が見られた。

・この結果について、医師は「これは衝撃的で、何が起こっているのか理解できません。彼らはおそらく障害の患者として、定期的な診断を受けるべき状態になった。当然、ダイビングはもうできない。」と語った。

・更にダイバーの診断結果があまりにも悪かったこともあり、「完全に回復すると考えることは難しい」とのこと。

・また、喘息の患者にもそのような症状が観察された。

<以下、追記>

・ただし、一部の医療関係者は人工呼吸器が原因ではないかと考えている。

・実際にダイバーを観察した医師が担当している病院でも、血中の酸素濃度が低い人に酸素を吸入させると症状が緩和されるが、数時間後には多くの患者が重度の肺不全に陥いったとのこと。

・ダイバーが使っている酸素と窒素の混合ガスについて、医師「肺の組織がまだ酸素に対して敏感な時に使用すると危険な作用をもたらす場合がある」と指摘。

・更に「酸素がなんらかの引き金になっているのではないか」「酸素が逆効果になることもあります」と指摘した。はちま起稿

この記事の反応

肺繊維症とは?

肺炎になれば、肺に何らかの後遺症は、残ります!これからの課題です口を開けて冷や汗をかいた。
肺炎は怖い病気、侮ってはいけない
やっぱり、、、
うちの亡父は晩年COPDで苦しみ、中期は携帯の酸素が手放せず、最晩年はベッドに寝たきりで家庭用酸素発生器のお世話に2年近くなっていました。。。
治癒しても社会復帰困難な方が大量に生まれる恐れが、、、
慢性化の可能性まで浮上
未知のウィルスとの戦いは続く
肺移植は提供者がいません
iPS細胞から肺を作ってラメートする為の
テクノロジーは未だ人類のモノではありません

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




ページ上部へ戻る