【悲報】少年ジャンプ発売延期 40代社員がコロナウイルス感染疑い

週刊少年ジャンプ_延期

2020年4月8日現在、「週刊少年ジャンプ」の編集部に勤務する40代社員に、新型コロナウイルス感染の疑いがあります。
当該社員は発熱があった4月2日から出社を控え、医療機関を受診のうえ自宅待機をしており、PCR検査待ちとなっております。業務においては直接、作家と接触する立場ではありません。
集英社では4月6日より、全社原則在宅勤務の対応をとって感染拡大の防止に努めておりますが、作家・関係者への感染リスクを考え、「週刊少年ジャンプ」編集部全体で作業を一時中断するということにいたしました。

つきましては、4月20日(月)発売予定であった「週刊少年ジャンプ21号」(紙版・デジタル版)の発売を1週間延期し、「週刊少年ジャンプ21・22合併号」と号数を変更したうえで、4月27日(月)に発売予定といたします。
なお、「週刊少年ジャンプ20号」は、予定通り4月13日(月)に発売いたします。

大きな混乱を招き、ご迷惑をおかけすることを、毎週楽しみにしていただいている読者の皆様に心からお詫びいたします。
感染拡大が不安な状況の中、作家・関係者の健康と安全を最優先に考慮するとともに、必死に執筆を続ける作家をサポートして、読者の皆様の心を明るくさせられるような漫画を届けていけるよう努力いたしますので、ご理解のほど、よろしくお願いいたします。「週刊少年ジャンプ21号」発売延期のお知らせ

新型コロナウイルスに感染することは、どの編集部でも避けられないため、起こりえることです。しかし、発売延期とは思い切った手段と言えます。他の編集部もこの話を身近に捉えて準備をするでしょうね。
一番まずいのは、いうまでもなく作家が感染することです。担当編集とのやり取りをテレワークにしても、アシスタントは近くで共同作業をする必要がありますし、家族などの接触は起こりうるわけで、感染を完全に防ぐのは難しいのですが、確率を落とすことにつながるのは確かです。
また、この手の情報は隠すほうが変な形で漏れるため、丁寧に開示する集英社の姿勢も賢明だと思います。
ここに限らず、出版社もむりに期日に間に合わせようとしないほうが良い。
作者にも充分睡眠取って休んでもらわないと、作者急逝のため未完の作品が多数出ますよ。
どんどん広がっていますね…
在宅での楽しみの一つとしてた人も多いでしょうに。
今は過去の色々な名作漫画が無料で公開しているので、そちらを読んで乗り切るかな。
作品を楽しみにしている方々は残念でしょうけど
作者の方々に万が一の事があればそれこそ大変ですし、ジャンプ買いに出掛ける人も抑えられるかもしれませんね
尾田先生とかが万が一感染して
亡くなったりしたら、ワンピースの
最後は見れません。
冨樫先生の場合は感染してもしなくても
HUNTER×HUNTERの最後は見れない
覚悟はもう出来ています。
すでに多くの若手・中堅漫画家が作業をPC環境へ移行しているためにアシスタントも遠隔地からのオンライン作業化が可能になっており、案外漫画家本人は感染リスクが低いかも知れない。この移行はコミスタ、クリスタの登場によって2010年代に相当進んだ。

いまだに紙で作画している漫画家は非常に厳しい局面に立たされるだろう。アシスタントと緊密に共同作業する必要があるためだ。

少年誌トップの『週刊少年ジャンプ』がこの決断を下した意義は大きいと思います。
読者としては残念な思いもありますが、それ以上に、作家さんやアシスタント、編集スタッフの皆さん、印刷会社の皆さん、流通関連の皆さんの感染リスクを考えたら、正しい判断だと思います。
収入・売上ではマイナス影響があると思いますが、日頃の激務の疲れを癒していただいたり、休刊期間により面白いネタを考えていただいたり・・・と考えれば、災い転じて福となす面もあると思うので、再開を楽しみに待ちたいと思います。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




ページ上部へ戻る