武蔵野署巡査長がコロナウイルスに感染関係者ら73人を休ませる方針を固める

武蔵野署_巡査長_コロナウイルス

警視庁の武蔵野警察署の警察官が、5日、新型コロナウイルスに感染したことが確認されました。

警視庁は一緒に勤務していた署員ら70人余りを自宅待機とする一方、警察署の機能を維持するため本部からおよそ30人を派遣し、パトロールなどにあたることにしています。

警視庁によりますと、新たに新型コロナウイルスへの感染が確認されたのは、武蔵野警察署の刑事組織犯罪対策課の33歳の男性警察官です。

先月26日に署での勤務中に体のだるさを感じ、自宅待機を続けていましたが、4日にPCR検査を受け、5日夜、陽性と確認されたということです。

また、この警察官は、先月9日から当番勤務の日以外は千代田区にある警察施設で捜査講習を受けていたということです。

警視庁は一緒に勤務していた署員や、講習の参加者など、合わせて70人余りを自宅待機にする措置をとりました。

その一方で、警察署の機能を維持するため本部の警備部や地域部からおよそ30人を武蔵野警察署に派遣し、パトロールなどにあたることにしています。

警視庁では、ほかにも鮫洲運転免許試験場に勤務する警察官ら2人が感染したほか、4日に赤坂警察署の警察官の感染が確認され、本部から100人余りを増援する対応を取っています。

武蔵野署の警察官 感染確認 70人余を自宅待機 本部から派遣も


この記事の反応

この警察官の方も発症から検査まで9日も空いている
東京では経路不明の市中感染の人に対する検査対応、待たされる日数が
もうガイドラインのそれと合致しなくなってきてる
一部の感染疑いの人が実家のある地方に帰って検査を受けようとするのも避けられないと思う
そして全国に感染が拡大する
また、警察官がやられたか・・・。
警察官は、どうしても人との接触が多いから、意図せずに感染してしまう可能性も高い。
こういったことが続くと、治安維持にも、かなり大きな影響が出てくるだろう。
交番勤務中やパトロール中などは、フルフェイスの機動隊用ヘルメットを常時着用するなど、何か対策をしてもらって、少しでも警察官の感染を防いでもらう方法は、出来ないだろうか?
変死や事件で病院に行って事情聴取する機会が多いからだろうな。不特定多数の応接もしているし。いつも通りの24時間勤務してたら、警察も消防も役所も全滅するだろうね。鉄道とかもそうだけど、宿直がある所は同じ布団使い回しで仮眠したりするからね~
日本では行動規制を伴う都市封鎖は出来ないし、拳銃や刀剣所持者が少ないからいいけど、警察官の感染拡大は怖いですね。
ところで自衛官は大丈夫なんですかね。それと地方も含めた議員も感染者が出ませんね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




ページ上部へ戻る