【J1札幌】全選手が給与減給を申し入れ、総額一億円以上を返上「コンサの選手たちを誇りに思う」「頭が上がらない、ありがとう」

J1札幌_コロナウイルス_給与減給

J1札幌の全28選手がクラブ側に今季の給与減額を申し入れたことが5日、明らかになった。新型コロナウイルスの感染拡大で、3日に3度目となる中断期間の延長が決定するなど、Jリーグの公式戦再開は見えていない。この現状に危機感を抱いた選手たちは年俸などの一律カットを、総意として野々村芳和社長(47)に伝えた。総額は1億円弱になるという。クラブとして、今季はすでに5億円以上の損失が見込まれる中、Jリーグで初となる異例の試みとなった。

【札幌】全選手が給与減給申し入れ、総額1億円を返上

コンサポはチームスポンサー企業を応援していこう!
チームにとってスポンサー撤退は大きな痛手になると思う。
コンサの選手たちを誇りに思う。
野々村さんも選手、チームがやっていけるギリギリのとこでいろんな調整してると思う。
今は、先が見えないけどサポーターの一人として一緒に再開できる日をを希望にしてこの期間を乗り越えたい!
終息の見えない新型コロナウイルス。クラブがあっての選手。これだけ開幕が遅れ、日程の予定も立たない。スポンサーもコロナで厳しい状態。選手が減給申し出は素晴らしいことです。
コンサドーレのサポーターである事を誇りに思う。
外国人選手含めてというところが本当にチーム一丸を感じる。
個人的にも、微力ではあるがスポンサー企業考慮や、チームグッツなど少しでもチームを支える活動が出来ればと思う。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




ページ上部へ戻る