子ども一人当たり1万円給付 コロナは「戦後最大の経済危機」と定める

戦後最大の危機_コロナウイルス

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う政府の緊急経済対策の原案が5日、判明した。「戦後最大の経済危機」と位置付け、1兆円の感染症対策予備費を創設する。子育て世帯支援のため、児童手当を受給している世帯には子ども1人当たり1万円を追加で給付する。政府は7日にも、財源を示した2020年度補正予算案とともに閣議決定する。

子育て世帯への支援は、0歳から中学生まで月に1万~1万5千円の児童手当を受給している世帯が対象。支給は一度限りとする。月額5千円の特例給付を受けている高所得世帯は除外する。

子ども1人当たり1万円給付 コロナは「戦後最大の経済危機」

この記事の反応

これも悪意あるタイトル。「1兆円の感染症対策予備費を創設する」とあって、予備費だから更に何十兆もの予算が投下されるわけで。そのごく一部が子供1人に1万円と。細かいのはわかるけど、恐らく各業界の落ち込みや失業率を計算して、最も有効な予算を組んでるんでしょうね。
最大の経済危機にも関わらず、恐ろしく出し渋る日本政府・・・。条件を付けずにいられない。どうしても、どうやっても国民に手当てを配りたくないのね。
「戦後最大の経済危機」と言いながら子育て世代に1万円を一回こっきりで支給、みみっちいにも程がある。正直笑っちまいますね、無様な国だな、いらんよ。これが日本政府のできる限界なら、まあ、「戦後最大の経済危機」ではありますね。
今の新型コロナショックを『戦後最大の経済危機』と位置付けておきながら、『1世帯あたりにマスク2枚』とか『子ども1人あたりに1万円給付』などという低コストな施策で乗り切ろうとしている政府が日本を動かしていること自体が、戦後最大の危機だと思います。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




ページ上部へ戻る