【悲報】俳優志賀勝さんが死去、悲しみの声が広がる

志賀勝_俳優_歌手

志賀 勝さん(しが・まさる、本名亀山勝彦=かめやま・かつひこ=俳優、歌手)3日午後8時14分、拡張型心筋症のため京都市の病院で死去、78歳。

京都市出身。葬儀は7日午前10時から同市右京区西院東貝川町46の3のセレマ天神川ホールで。喪主は長男亀山大(かめやま・だい)さん。

こわもての風貌を生かし、60年代からやくざや殺し屋役などで映画や時代劇、刑事ドラマに多数出演した。主な作品に映画「仁義なき戦い」「借王(シャッキング)」シリーズなど。東映の大部屋俳優らと「ピラニア軍団」を結成して注目され、歌手としても活動した。俳優、歌手の志賀勝さん死去

この記事の反応

78才にもなっていたんですね。哀川翔さんと出ていた借王のキャラが大好きでした。今からああいうタイプの俳優さんは、出て来ないでしょう。ご冥福をお祈りします。
強面の俳優さんでしたね。欽ちゃんに可愛がられてバラエティ番組で人気者になって歌も上手い人でした。
ご冥福をお祈りいたします。合掌。
素敵な歌をありがとうございました
心よりご冥福をお祈りいたします。
良い歌声が懐かしく思うのでしょう
寂しくなります
寂しい。志賀さんも自分のヒーローの一人だった。

「仁義なき戦い」シリーズでは,「代理戦争」で故小池朝雄さんを可部
温泉で射殺した後に「あんたら,見とった通りじゃ」と荒んだ雰囲気を
醸し出すセリフで人気があった。が,自分が好きなのはは,「広島死闘
編」で「山中さん,こらえてつかぁさい」と命乞いをする志賀さんだ。

テレビドラマでは「大都会 闘いの日々」にゲスト出演した際に義理を
貫こうとするヤクザ役を演じ,これがハマっていた。

志賀さんはええ侠じゃったのう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




ページ上部へ戻る